読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしじまいい肉が発狂

 

 

 

 

 うしじまいい肉がついに発狂。

 私からブロック逃走しておきながら、私のブログを引用しつつ暴露の言い訳をするという、人間として最悪の行為をやらかしました。しかも当該のツイートは削除するという最低ぶり。

 困ったもんだな。

 私と必要以上にモメる気はなく、しかし身内には「デートして暴露する」という人間として最悪の芸風についての言い訳をしたい……という思惑と察し、それでいいんじゃないかと思ってしまう。落としどころはそのへんだろうから。

 私もうしじまいい肉は汚らわしい女性なので、かかわりたくない。

 なので変に私とモメないスタンスでいてくれるのは、ありがたいわけだ。

 ……で、うしじまいい肉があいかわらず嘘ばかりついているので、それを指摘しておきたい。「デートの内容を言われたのは藤沢和希さんだけだろう 察しろよ」と彼女は言うが、中森明夫と文壇バーに行ったことをバラしているので、別に藤沢だけがバラされたわけではないのだ。

 うしじまいい肉は嘘をついている。

 こんなすぐバレる嘘をつく意味がわからないのだが、騙されたふりをしてあげる身内が沢山いるのだから、しかたないのだろう。まず身内が意見してあげるべきだと思うのだが。

 とりあえず私は彼女が「デートして口説かせて暴露」という、最悪の芸風の持ち主だと警告はした。うしじま本人にも意見した。これでもうしじまに釣られて暴露されて恥をかくバカがいたら、自己責任というほかないので私は同情しない。

 そもそもうしじまと会う時点で既に、軽率な行為なのだから。

 しかもデートするだけでうしじまが危険というのなら、まだわかるのだ。しかし同席した時点で既に危険という、もはや人間としてありえない次元に突入しており、私は呆れた。

 

 

 

 

 

 

 ……って、誕生パーティーに参加しといてムカつくことがあったからといって、この態度はありえないでしょ。まずパーティーに呼んでくれた人物を、「不味い飯を出す西麻布うかたま酒場のオーナーの嫁」と酷評。

 「不味い飯を出す西麻布うかたま酒場」って、ありえないでしょ。この非礼さ。店の味にケチつけるだけならまだしも(うししじまいい肉にそれだけの味覚センスあるの?)、「誕生日会にカス呼ぶようなカスは駄目だわ」とパーティー主催者をカスよばわり。

 「誕生日会にカス呼ぶようなカスは駄目だわ」

 ……って、ありえなくないですか?

 見るに見かねた人物がやんわりたしなめると、「黙ってろ」と一喝。しかも逆ギレした後で「お前の乱交パーティー通報しとくから」と、嫌がらせまで開始。

 最悪すぎますね!

 比例をたしなめただけで脅されて嫌がらせされるし、同席しただけで批判されるという、ありえない人物像なのがうしじまいい肉なのである。

 彼女にかかわるべきではないと、全ネットユーザーに意見しておきたい。

 自分に都合の悪いツイートは削除するし、言い訳のためなら兵器で嘘をつくうしじまいい肉。どうせ後でツイート削除したり、嘘ついたりするのでしょう。

 私も彼女とはかかわりたくないし、ウォッチ対象でもないので、もう私にはちょっかいを出さないでいただけるとありがたい。

 心の底から、かかわりたくないのである。