読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信用できないうしじまいい肉

 うしじまいい肉は信用できん人物だよなあ(笑)。

 そもそも伊藤和子弁護士にキャンセルメールを送ったが、届いてなかった……と彼女は言う。しかしキャンセルメールを書いた証拠なんてないしな。

 実際にキャンセルメールを送ったのかもしれんが、届いてないのでは意味ないしな。いずれにせよ、うしじまいい肉が本件に関して社会人として最低限のレベルに達していなかったのは間違いない。

 まあ、仕事ができる人物だと、メールが届いたか否か、メールを読んでもらったか否かを確認するために電話をするのである。メールがまだ届いてない、メールがまだ読んでない……などと、後で言い訳させないためである。

 メールは送信したが、届いてないだけとうしじまが言うように、メールが届いてないだけと言い訳する人物は普通にいるのである。うしじま的な人物は、意外に多いものなのだ。

 うしじまいい肉には、確認の電話を入れる習慣をつけるよう、アドバイスしておきたい。

 あと自分で伊藤和子との弁護依頼をぶっちぎりで逃げておいて、後で伊藤和子に噛みついて批判するのはないわ。もしかしたら何か噛みつかなければならない理由があったのかもしれないが、そうゆうことすべきじゃないだろ。

 あと気になったのはうしじまいい肉が言う、「被害者の女性はもう既に弁護士に相談済みですよ?勿論着手金も支払っています。Togetterのまとめにも記載されていることなのに」の部分。

 このまとめ、実在するの?

 じつは検索が苦手な私だから見つけられなかっただけかもしれんが、そんなまとめはなかった。あったら、誰か教えて欲しい。まあ、後から捏造まとめを作成する暇人もいないだろうし(笑)。

 そもそも弁護士を本当に雇ったかどうか、怪しいもんだよな。

 まあ、うしじまいい肉が言う通り伊藤和子よりも評判がよいぶん、ギャラの高い弁護士を被害者女性が雇っているとして(私は信用してないが)、そしたらうしじまいい肉がこれ以上でしゃばる意味ないよなあ。

 ネット炎上で圧力をかける狙いがあるならアリだけど、私からブロック逃走して当該ツイートを削除する様子から見て、ネット炎上させたくない様子が見受けられる。

 もしかしてフレイ法律事務所との示談が成立していて、「本件に関して今後一切、口にしない」とうしじまいい肉が一筆書かされてるのではないかと。

 だとしたら、円満(?)解決したわけで、私としては歓迎したい。

 あと私はいつも思うのだが、弁護士という民間トラブルに寄生するダニってなんなのかなあ? と首をかしげてしまうのだ。双方に弁護士を立てたので、双方が数十万の金を支払っている。

 だったら最初から、20万くらいのギャラの上乗せで問題解決するのが安上がりだったのではないかと、つい考えてしまうのだ。

 20万円で解決できるトラブルなのに、弁護士料金だけが無駄にかかってしまったことになる。坊主まる儲けということわざがあるが、弁護士まる儲けだよな。

 なんだか釈然としないのである。