読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逃げ恥生活は現実的に可能

 タラレバ娘に言及したいが、その前に逃げ恥の星野源について言及したいことが沢山ある。

 逃げ恥の星野源の暮らしぶりだが、あれは女性たちにとっては満足度を下げた現実的なラインで、不可能ではない。

 いや、あんだけキレイな広い物件に住むのは無理である。

 しかし3LDKや2LDKのちょい広めな物件で家賃16万円……と脳内で修正をかければ全然可能。男と2人で暮らすから、家賃の自己負担は8万円。光熱費とネット代は2人で支払うから割安。

 金が無いから1人暮らしができない女性でも、男と2人暮らしということならば全然できる。妄想どまりにしても現実的な妄想だ。

 あの物件で東京都内は無理だ。しかし知人やSNSで「横浜に住んでるの」と言える、横浜市内。それも急行が停車しない駅から歩いて15分。マンションの3階や4階あたりと考えると、逃げ恥の星野源「的な」ふたり暮らしはできる。

 そんな現実的な恋愛を選ぶ聡明な女性は増えてんじゃないかな。女性ライター達がシカトしてるだけで。なんでシカトするのか私にはわからないが、それを推奨すると女性コラムニストとしての格が下がるのかもしれん。

 女どうしのマウンティングというやつかね?

 オッサンの私にはわからんけども。