ある映画評論家の時系列(1)

 町山智浩発達障害と断定するな……という指摘を何人かの方々からいただいた。

 超基本的なことを改めて説明するのも面倒だが、町山は自身の発達障害について「中途半端」に公言している。カミングアウトしているのか、カミングアウトしていないのか、微妙な状態なのだ。

 どっちなんだよ!

 ……とムカつく読者もいらっしゃると思うので、時系列で解説したい。

 町山の発達障害についてのカミングアウトの初出は、1991年1月に発売された『ファビュラス・バーカー・ボーイズの地獄のアメリカ観光』が最初である。町山智浩ガース柳下の対談でのことであった。

 ネットで拾った当該部分を、以下に引用する。

 

ウェイン (略)タランティーノは十五歳で学校辞めちゃった。

ガース  何が原因で?

ウェイン 落ちこぼれて登校拒否してたんだ。そもそも小学校の頃から
      落ち着きがなくて先生の言うことを全然聞けない子だった。
      ハイパーアクティヴ(注1)だったんだよ。

ガース  それ、あんたと一緒やん(笑)。

ウェイン そそ、だから他人とは思えない(笑)。でもオレはタランティーノ
      みたいにリタリン投与されなかったけど。

注1:活動亢進。多動性障害。ADHD

 

 要注目なのはタランティーノが小学校の頃からADHDだったと町山が発言し、ガース柳下が「あんた(町山のこと)と一緒やん」と町山もそうだと指摘してるくだりである。

 町山智浩ADHDをカミングアウトした!

 ……と食いつきたくなるとこだが、ちょっと待った。町山は小学校の頃からADHDだったということは確定したが、このムック本が発売された1991年1月の時点で彼がまだADHDであるとは、書かれていない。

 町山は小学校の頃からADHDだったが、中学生や高校生の頃にはADHDを克服しているかもしれない……という逃げ道を残している。

 さらに町山は「オレはタランティーノみたいにリタリン投与されなかった」と釘を刺す。これをどう読むかは個人の判断によるが、うっかり「町山はリタリンを処方されていないので、タランティーノよりもADHDは軽度であった」と解釈してしまいそうなフレーズだ。

 大人になった現在はADHDではないとアピールしているのか、あるいは町山本人が1991年1月の段階で自分がADHDではないと信じているのか断定できない。

 町山智浩vs上杉隆の討論の中で、当該の部分についても言及された。以下に引用する。2012年1月から2012年2月にかけてのツイートである。

 

togetter.com

 

 要注目なのは町山智浩のツイートで「僕の子供時代の障害」と子供時代の障害であることを強調し、「(町山智浩個人のADHDがどうかはわからないが、あくまで一般論としてADHDは大人になると)治ることが多い」と強調した部分である。

 ( )の部分は私が追加した。

 上杉隆とパンダロウの間では、町山智浩は2012年1月の段階でも発達障害であり、カミングアウト済みという認識で語られている。

 しかし町山のツイートを熟読すれば、2012年1月の段階では自身が今もなお発達障害かどうかは町山本人はカミングアウトしていない。それどころかあくまで一般論としてADHDは大人になると治ることが多いと町山はツイートしている。

 2012年1月の段階では町山智浩ADHDは治っていると、うっかり解釈してしまいそうな文面と文脈だ。

 2012年1月において、彼はADHDなのか? そうでないのか? 本人の口からははっきりとは語られていない。

 子供の頃の町山はADHDだと公言したが、2012年の町山がADHDだとは公言されていない。カミングアウトしたのかどうか、はっきりしない。なんだかグレーというか、玉虫色というか曖昧な状態なのである。

 町山がなにがしかのアピールをしようとしているのかもしれないし、あるいは町山本人が2012年の段階では治っていると信じているのかもしれない。あるいは信じたがっているのか。

 この時の彼の心中を想像しようとすると、私はあまりにもつらい。町山が何か、あまりに深く傷ついているように思えるのだ。そして上杉隆への怒りがこみあげてしまう。ありえないよね、上杉。

 そして、つらいが筆をさらに進めると、ADHDがなぜ発達障害と呼ばれるかといえば、病気と違って治らないからだ。そりゃごく軽度のものは治る。しかし深刻なものは治らない。だから障害なのだ。

 そして町山智浩アスペルガーについて調べようと、「アスペルガー」や「ADHD」で検索すると、衝撃的なものが表示されて凍りついた。

 「大人のアスペルガー」「大人のADHD」「大人の発達障害」などと、ぞっとする内容が画面に表示されたのである。

 ADHDって多くは大人になると治ることが多いんじゃなかったの?

 なのになんで「大人の発達障害」なんてのが、社会問題になりつつあるの?

 町山さん、もしかして発達障害の知識が足りないんじゃないの?

 あるいは、発達障害の知識が古いんじゃないの?

 町山智浩ADHDを「学校の授業が受けられない状態」という程度のごく軽いものと解釈していて、大人になった自分には関係ないと信じてるのでは?

 ……というわけで、これでも私は心を痛めたり、悩んだりしたあげくに、上杉隆町山智浩にしたひどいことと同レベルのひどい発言を、町山が高須克弥先生にしてしまったので、さすがにマズいと思って筆をとったのだ。

 すっごい安易に「町山を発達障害と断定するな!(彼はADHDではないのに!)」などと私に詰め寄らないで欲しいのである。

 あなた方が考えているよりも事態ははるかに深刻だし、深刻すぎて簡単に結論が出せるはずもないのだ。

 みんなで悩んで考えることしか、我々にはできない。

 みなさんのお知恵を拝借したい次第なのである。

サイレントヒル(ゲーム動画)

 サイレントヒルのゲーム動画を鑑賞。

 ゲームをプレイする暇がないので、プレイ動画で物語展開のみをチェックする場合が多い。スーパーロボット大戦とか、ちょっとプレイするの無理だもんなあ。遊びたいんだけどさあ……。

 ミストと違い霧の中で冒険できるため、ミストよりは面白いと感じてしまうのは陶然。ただ物語の説明のしかたが、ちょっと雑な感じがしたなあ。

 サイレントヒルで何が起きたのかの解説が、要所で幻覚を見ることでおこなわれるのだ。でも、その幻覚を何が原因で見ているのか、何の説明もないのである。

 自分の娘のシェリルを救助すべく冒険してたのだが、結末でそれがドッチラケになっており、なんだかなあ……である。続編に期待してね! ……ということなのだろうが、煮え切らず残尿感がのこる。

 物語的には中途半端だよなあ。

 スッキリした結末をみせつつ、続編を見たくなる伏線やヒキを用意しとくべきではなかったのか?

 そういえば気になったのは、ゲーム序盤のザコキャラ。小熊のような爪の長いモンスターが襲ってくるのだが、これって怪物化させられた人間の子供なのでは?

 欧米では子供の死体を画面にうつしてはいけないので(映画撮影用の模型でも)、テディベアが使われるそうなのだ。てことは、小熊のようなザコ敵が出てくるということは、コイツって子供のゾンビか何かなの?

 まあゲームだから殺すしかないわけだが、なんだか気になった。

アスペルガーがキレるとき

 職場にアスペルガーADHDの両方がある同僚がいる。ADHDなので落ち着きがなく、仕事が始まると筆記用具をあれこれと出し、仕事に使いそうなソフトのほとんどを起動する。

 そしてそれら全てを放置して別のことをしはじめるのだ。

 ADHDには後回しグセがあり、出したもの全てを使用し片づけることを「後回し」にしているのである。

 我々にとっては迷惑だ。

 いろんなものが出しっぱなしで、職場が散らかっているので仕事しずらい。やめるように指摘すると、彼のマウスを握る手がぷるぷると震えているのに気づいた。

 どうも怒っているらしい。

 アスペルガーっぷりを注意されると、侮辱されたような気分になって怒っているのかもしれない。あるいは傷ついてヘコんでいるのかも。

 アスペといえば町山智浩なので、ここで町山に話題をとばしたい。

 町山を知る人物が、意図しないで彼のアスペルガーぶりを指摘していることが沢山あるのだ。

 有名なのは黒毛皮まで買ってやった愛人をひきつれ、映画祭に彼がやってきたケース。その関係者が町山が先生ヅラしてやがると、態度のデカさに怒っていた。

 町山智浩と口論になった山本一郎も、町山の態度の悪さを指摘。先生ヅラして使いづらいとテレビ関係者が愚痴っていたとツイートで言及していた。

 他にもロマン優光町山智浩岡田斗司夫の不仲を指摘。これに町山本人は自分は空気が読めないので……と弁解していた。

 これだけ見ると町山は態度のデカい、先生ぶったクソ野郎に思えてしまう。しかし彼はアスペルガー。空気が読めるわけがないない。しかもADHDなので後先を考えずに発言してしまう。

 それを目にした人々が、「町山は先生ぶってて態度がデカい」と判断してるのではなかろうか? 私が噂できく限りでは、町山智浩本人はむしろ、気配りのできるナイスガイと聞いている。根っこの部分では好人物なのだ。ラジオを聴いてるリスナーなら、わかってることだと思うが……。

 彼の先生ぶった態度は批判されてしかるべきだが、とはいえ批判された本人にとってはアスペっぷりを愚弄されているのに等しい行為なので、町山がかわいそうなのである。

 若かりし頃の町山はみうらじゅんから「バカの町山」といじられていたとネットで読んだ。イキりオタクとゆうか、アスペルガーっぷりをイジられており、それもちょっとかわいそうだ。ジミー大西と同じ扱いを受けてたわけで、繊細な彼は深く傷ついてたことだろう。

 しかし自分のアスペルガーから向き合うことをせず、ADHDに特有の「後回しグセ」でアスペな自分から逃げ回っている町山本人にも多大な責任があるのだ。

 リベラル文化人という立場なのだから事前に自分がアスペルガーであることをカミングアウトし、「空気が読めなかったり、態度が尊大と誤解されがちですが、全て発達障害のせい。後でおわびは致しますのでご理解ください」と周囲の理解を深めていくのが必要ではないのか。

 それが発達障害への理解を深めていくための第一歩である気がするのである。

 私が町山智浩アスペルガーについての発言をチェックしていて、奇妙に感じることが多い(これもおいおい言及してゆく)。おそらく病院には通っていないと推測するのだが、そこは通うべきじゃないかな?

 生放送中にキレるくらいなら、それを事前にストラテラコンサータ(ADHD用の薬である)を服用すべきだろう。アスペが原因で何度もキレて周囲に迷惑をかけてるのだから、社会人としてそれはないんじゃないか。

 町山はマリファナは医療用にも使われており、そんな悪いものではないと主張しているが、ストラテラコンサータだって悪い薬物ではない。

 病院にも通い、アスペルガー情報を周囲に発信し、発達障害への理解を深めてくのが、リベラル文化人としてのあるべき姿ではないかとスーパーバイズしたい。

 病院に通ってもキレるのが止められないなら、もうそれは個性なので周囲が受け入れるしかない。それが多様性を尊重するということではないのか。

 しかしキレてばっかりのADHDでも、個性なんだからしかたないと病院にも通っていないなら、社会人失格である。人間失格だ。

 町山周辺にはリベラル文化人が多いのだから、それとなく病院に通うように諭してあげて欲しいのである。発達障害の知人がいれば、手助けをするのがリベラルの態度だろう。

 アスペルガーな知人のために、なにくれとなく世話をやくことが、アスペを個性として認め、多様性の一つとして受け入れることなのではなかろうか?

 すぐにキレる面倒くさい男で、唐沢俊一上杉隆がされたようにネットでネチネチと攻撃されるのは迷惑だから、ついつい町山を放置してしまっている……というのなら、それはリベラル失格である。

 アスペという個性を受け入れ、多様性の一つとして認めるには、リスクもコストもかかってしまう。普段からリベラルなことばかり主張してるのだから、自ら率先してそれをやる必要があるだろう。

 リスクを侵し、コストを支払って欲しい。

ミスト

 ミストを鑑賞。

 低予算映画じゃないかなあ。物語のほとんどが、スーパーマッケット内での人間ドラマに使われるのだ。しかも無名の役者ばかり。人件費は安そう。

 しかもモンスターがあんま出てこないから、特撮費用やCG費用もあんまりかかんなさそうだし。ハリウッド映画とゆうか、日本映画みたいなつくりだなあ。

 伏線は慎重にはりめぐらされている。

 主人公の子供が「僕をモンスターに殺させないで」と言ったあたりで、悲劇的なフラグが立つ。救助する予定だった妻が死体で発見される。身長100メートルはありそうな巨象のようなモンスターが、大きな足音をたてて歩く。威厳すら漂う、荘厳な光景。圧倒される主人公たち。人間の世界は終わり、モンスターの世界が始まったかのような気分になるシーン。

 ラストは物議をかもしたが、アレがないと本当に語ることの少ない、小品で終わっていた本作ではなかろうか?

 個人的には食われてもいいから、死にもの狂いに戦って死にたいと感じた。

 アマゾンのレビューを読んだら、「サイレントヒルの方が面白かった!」とみもふたもないカキコを発見。急にサイレントヒルが気になり始めた。

 サイレントヒルも街が霧につつまれたホラーで、霧の中から魔物が出現して襲ってくるらしい。霧の中での冒険がほぼゼロのミストよりは、エンタメ的で面白そうだ。

 ゲームと映画があるらしいが、チェックしてみよう。

嗤う伊右衛門

 嗤う伊右衛門を鑑賞。

 お岩さん役の小雪が、焼け爛れた顔のメイクをしている。ただ、ちょっと中途半端な溶け崩れ感なんだよなあ……。右1/4が醜く変わっているのだが、本来は半分以上をドロドロにするべきなのでは?

 天下の小雪の顔を醜くできないはわかるが、もう少しなんとかすべきだったよなあ。

 椎名桔平の演技力が別格で、彼だけが自分独自の味を出していた。

秘密(3)

 ●セックスしようと言えないヒロイン

 趣味は悪いが、映画やTVドラマで、女性がセックスに誘うセリフに注目する癖がある。本作での広末涼子のセリフを引用してみよう。

 「私が顔かくせば(セックスが)できるんじゃない?」「じゃあ口でしてあげようか?」「アレ、しようか?」「わかってると思うけど、優しくして」「(避妊しなくても)大丈夫だと思う。今日は」

 アイドルらしからぬ、踏み込んだ過激発言。演技派女優に開眼……と言いたいところだが、よく注目して欲しい。

 セックス、フェラチオ、避妊、コンドームといった、固有名詞は一切つかっていないのである。

 一流女性芸能人は、ドラマや映画の中でこれらの固有名詞を発言することは私の知る限りない。バラエティではまた違うのかもしれないが……。

 別の例をあげると、「逃げるは恥だが役にたつ」の新垣由衣も、確か「そうゆうことしてもいいですよ」としか発言していなかった。彼女たちはあくまでセックスには誘っていないのである。

 「アレ」や「そうゆうこと」に誘っただけなのである。

 アレやそうゆうことが何かはわからない。ただセックス以外の何かに誘っているのである。

 そんなバカな!?

 ……とお怒りになるのは、よくわかる。私もそう思う。しかし日本女性のほとんど全てがそうであるように、女性芸能人も言質を取られるのを嫌うものなのだ。

 もしかしてTVドラマではなく、映画なら発言できるのではないかと思ったが、予想に反してそうではなかった。

 TVドラマで一流女性芸能人が、セックスやエッチという言葉を使って誘った場合、時代が変わる。

 エポックメーキングなことなので、注目したい。

 例外的なのが東京ラブストーリー鈴木保奈美。「カンチ、セックスしよ」は日本ドラマ史上に残る永遠の名ゼリフ。90年代のことである。

 20年以上も前のことですかね。

 バブル期の狂騒、帰国子女で日本人的ではないというキャラ設定という特殊条件が重なってのことだった。

 あくまで例外中の例外である。

 もしドラマや映画の中で、セックスやエッチという言葉を使って誘っている一流女性芸能人がいたら、教えていただきたい。

TBSラジオは町山智浩を生放送で使うべきではない

 ADHD町山智浩は感情のコントロールが効かず、キレやすい。いつ放送事故を起こすかわからないので、生放送で起用すべきではないと提言したい。

 特にTBSラジオが危険だ。

 私の知る限りでも、町山は番組収録中に3回もキレている。

 1回はライムスター宇多丸にキレた。宇多丸が立腹と吉田豪のツイートで知るや、町山はパニック。宇多丸の直接的な連絡先を知らない!と炎上。このパニックもADHDによくあることなのだが……。

 おそらくTBSラジオを干されたくない町山が、宇多丸に平身低頭して謝罪したと推測する。私は呆れてしまった。

 2回めは橋下徹を相手にテレビ番組収録中にキレた。動画がネットに落ちてるので検索して見て欲しい。

 それらはポッドキャストや録画だから、まあ放送事故にはならない。問題は生放送だ。現在の町山智浩はTBSラジオに生放送で出演中だ。

 そして町山はカジノからラジオに生出演。異常な興奮状態で喋り倒し、明らかにキレていた。ちなみにADHDはギャンブル依存しがちで、ギャンブル依存症の分類にADHD型というのがあるほどである。

 その翌週に町山は謝罪していたが、こんな調子では町山が放送事故をおこしても不思議ではない。

 てゆうか、いつか、必ず、やる。

 そうなった時の責任は、町山智浩個人にとどまらない。はっきり彼が危険なのはわかりきったことなので、TBSラジオのディレクターやプロデューサーに責任を問うしかないのだ。

 実際、既に「(黒人の)マイケルジャクソンが白くなり、清原は黒くなる」と、人種差別発言もしているのだから。これ、放送事故でしょ?

 個人的には放送事故おこすくらい方が面白く、「清原が黒くなったけど、松崎しげるも黒くなりましたね! ダハハ!」などと一緒になって大騒ぎしたいくらいである。

 ただ、やっぱり放送事故を起こしたらTBSラジオの制作スタッフに迷惑がかかるし、何よりも町山智浩の本人のためにもならないと思うのだ。放送事故のせいで各局から干されたらマズいではないか。

 だからTBSラジオは町山智浩を生放送で使うべきではないのである。

 誤解して欲しくないのだが、町山を干せとか起用するなと言いたいのではない。映画評論家と米国評論家としての町山はまさに別格。アメイジングである。

 だからこそ、放送事故の危険のある生放送では使わず、むしろ録音で積極的に起用すべきと提言したいのである。町山が出演するコーナーは生放送がウリだ。

 しかし前述の通り彼は危険な存在だ。

 だからリスナーに事前に断った上で、録音で出演すべきだと考える次第である。彼はまさに別格の存在と誰もが知るところ。録音だからと不平をもつラジオ視聴者など存在するまい。

 むしろ生でなく録音でもいいから聴きたいと思う人たちばかりのはずである。

 生放送から降板させるかわり、週一で30分くらいのレギュラー番組をもたせてもいいくらいである。町山ファンなら、むしろそのほうが喜ばしいのではないか。