読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽率すぎるうしじまいい肉の周辺人物

 うしじまいい肉に言及するつもりはなかったが、上記の引用のように、おかしな挑発をする人物が現れたので、しかたなく言及することにする。

 うしじまが私をブロックして逃走し、危険なツイートを削除したあたりで、うしじまは私と必要以上にモメる気はないと判断した。身内むけにアレコレと言い訳して体裁をつくろい、それでおしまいにするだろうと。

 しかし、彼女の判断を全く忖度しない、のへ氏なる人物が私におかしな挑発行為をしかけてくるので、何回かにわけてうしじまについて言及することにする。

 うしじまには関わりたくなかったが、しかたない。

 私が奇妙に思ったのは、伊藤和子弁護士とモメた当該のツイートを、いそいそと削除したことだ。うしじまは炎上商法を得意とするので、いざ裁判となったらその様子をネットに投稿しつつ炎上させ、圧力をかけようとすると私は想定していた。

 しかし、私の読みに反して炎上させるどころか、都合の悪いツイートを削除して逃走することを彼女は選ぶ。

 伊藤和子とモメたことは、うしじまいい肉にとって都合が悪い?

 不可解に感じた私は推理を開始した。

 以下は私の推測や妄想であり、事実に基づいて考えただけだ。

 フレイ法律事務所との民事裁判になった場合、弁護費用も時間も手間暇もかかる。それを被害者と自称する女性が負担したくない、あるいはうしじまいい肉が負担したくない、と判断したのではないか。

 あるいは示談が成立した場合、「本件に対し、言及しない」と書面で一筆書かされるのが普通だ。うししじまいい肉が示談金をもらった可能性が発生するが、ま、もらってないでしょう。訴訟をチラつかせて沈黙しなかった場合の、次の局面での話だからだ。

 とりあえずフレイ法律事務所との緊張感がある状況なのに、なんで後で削除しなければならなくなる発言をうしじまがしたかも考えたが、あくまで「うしじまいい肉vs伊藤和子弁護士」のものなので、フレイ法律事務所は直接的な関係はないのでセーフと彼女が勝手に判断したのだろう。

 ところが実際にはアウトだったので、都合が悪くなったうしじまは、いそいそと危険なツイートを削除したのだと推測する。

 ま、何があったかは妄想するしかないわけだが、のへ氏という人物が本件に関して軽率な発言をするのは勝手だが、うしじまいい肉にとってマイナスになる可能性を常に考えた方がいいのではないかと警告を発したい。

 うしじまいい肉vs私のバトルであれば、フレイ法律事務所はからんでこないからセーフとのへ氏とうしじまいい肉は軽率な判断をしてるのかもしれん。

 しかし本件はあくまでフレイ法律事務所がからんだ案件について始まった論争なので、私はその件についてしつこく言及するしかないのである。

 おかしな挑発はやめて欲しいし、うしじまにはかかわりたくないのでほっといて欲しいと、しつこく強調しておく。

 うしじまいい肉本人が認識すべきだし、うしじまいい肉の軽率な性格の周辺人物も認識すべきことなのである。フレイ法律事務所の案件は、係争中ないし解決済みなのである。

 係争中ならば軽率に言及すべきことではないし、示談になったのなら被害者と称する女性も「今後は本件に言及しない」と一筆書かされていると推測する。「被害者本人が言及しておらず、うしじまいい肉が言及しただけ」と言い訳したところで、フレイ法律事務所が認めるかどうか、私にはわからない。

 「うしじま、黙れよ」……と、被害者と称する女性からうしじまにクレームが入ることも、視野に入れるべきではないだろうか。既に入ってるかもしれないし。

 「うしじまいい肉本人は黙っているが、うしじまの周辺人物が発言しただけ」という言い訳が通るかどうか?

 うしじまいい肉が、のへ氏とやらに言わせてるだけなのでは?

 ……なんて疑われても、プラスに転がることはなかろう。

 私自身、うしじまいい肉、うしじまの周囲にいる軽率バカの3者が、口をつぐむべきではないか。

 危険な火遊びはお互いやめましょうやと提案したい。

 何度でもくりかえすが、ほっといて欲しいのである。

AVブロガーがAVを潰す

 アダルトビデオが消滅しかねない状況なのに、AVファンやAVブロガーがピントがズレた反応しかできないのに頭を抱えた。きれいごとは言いたかないが、AV業界の健全化、クリーン化、ホワイト化を進めるしかない局面ではないかと。

 そしてファンとブロガーはホワイト化を押し進めなければならない。

 しかし、ファンがなんでも批判しまくれば業界が改善されるかといえば、違うのである。鈴木涼美が納得して出演しているのだから、たとえ火をつけられて燃やされても被害者はいないのだ。スタントマンが火ダルマになって全身が炎上しても、被害者ではないのと同じである。

 存在しない被害者をつくったり、嘘の被害者をつくってまでAV業界を批判することに正当性はあるまい。自分が嘘をついたことを反省するのが、まず先にすべきだ。

 それらの反省もせず、「被害者はいなくても道義的に許せん!」と論点をずらすのは、ブロガーとしてありえない。

 どうも彼は批判すべき部分と、そうでない部分。批判すべき人物と、そうでない人物の区別がまるでついてないようだ。応援すべき人物と、そうでない人物の区別もついていない。

 彼のブログやツイートを見る限り、よく調べているし拝聴すべき良質な主張も多々ある。優良ブロガーの1人とみなして間違いない。注目すべき人物なのである。今後も注目し、応援してゆきたい。

 しかし軽率にすぎるとこもあって、これがAVブロガーの限界みたいなものなのかとウンザリしてしまうのも正直な感想なのだ。

 ウゼェ、自称・人権団体と戦ってる人々は多く、二次元表現規制と戦ってる人々たちは極めて頭がよく冷静だ。尊敬に値する。

 しかしそれらのアキバ系ブロガーの高水準さと比べた場合、AVブロガーの次元の低さ、頭の悪さ、水準の低さには幻滅してしまう。ファンのレベルの低さを見る限り、業界全体のレベルが低かったのかなあ……と、あきらめざるをえない。

 「常に意味不明なこと言ってる」と彼は言うが、意味不明としか解釈できない知能の低さは問題ありすぎでしょ。AV強要は無くすべきだが、AVそのものは残すべきという主張は意味明解でわかりやすい。

 これだけわかりやすい主張が「意味不明」というのが、それなりの水準を維持しているAVブロガーの知的水準の現状なのである。これでも彼は頭いい方ですからね。

 「ブロガーがそもそもバカなのね。いかにもAV強要しそうな連中だわ。AVそのものを消滅させるしかないのね」

 ……などと世論から判断されてもしかたないのが現状ではないのか。

 AVが消滅させられるのではなく、ファンやブロガーを含めたAV業界が自滅しそうになっているのが現実である。

 なげかわしい。

アダルトビデオがなくなる日(5)

 アダルトビデオのカリスマブロガー的な人物がいて、「松沢呉一は暴力集団のしばき隊じゃないか!」と激しく批判している。

 事実誤認ではないか。

 確かに一時期は活動を共にしていたが、厳密な意味ではしばき隊の構成員ではなかった。しかもある時期から距離を置き始め、今はむしろ敵対的ですらある。

 しかし……だ。

 リンチ事件まで起こして裁判にまでなってる団体の、構成員ではなかったにせよ構成員とみなして問題ないレベルで深入りしてたのは動かしようのない事実だ。

 そんな人物にAVを擁護する論陣をはられても、それはそれで周囲に与える印象がよろしくないのである。

 「半グレ監督に、元暴力集団構成員、そして性犯罪夫婦がご高説。まさに今日も反省の色なし。こんなAV業界、つぶすしかないわね」

 ……なんて女性たちに思われてもしかたがない。

 松沢呉一に同情の余地があるのも認めるし、反省してる様子も見える。しかし現状ではしばき隊から距離を置いただけで、別にしばき隊批判してるわけでもない中途半端な状態だ。

 しばき隊に深入りするという軽率な行為をしてしまったのは事実。

 そんな人物が市井のブロガーに「貴様、しばき隊だな!」と批判されても、しかたがないのだ。ただでさえアダルトビデオ業界は世間から白眼視されてるのに、それを暴力集団の構成員が擁護していたのでは、さらに反感をかうだけ。むしろ逆効果だ。

 みそぎも済んでないのに、本件にいっちょかみすべきではないと釘を刺したい。

 松沢呉一も仕事が少なくて暇なのは同情している。風俗嬢にクンニをするような気安さで本件を「ちょいとひとナメ」したくなるのも理解する。

 しかし、周囲の印象を悪くするだけで、逆効果ではなかろうか。

 しばき隊に深入りした時のような軽率さは捨て、慎重な行動と発言を求めたいのである。

 あと、意外と大切なのがAVファンたちで、下手するとAVが消滅するかもしれない状況下なので、あまりにも状況を把握できてない発言や、敵対的にすぎる発言、やみくもな批判は慎むべきだろう。

 世論をつくるのは、IPPAやAVANなどではなく、SNSで情報発信しているあなたたちなのだから。

 某カリスマブロガーはやみくもにIPPAとAVANを批判していて、怒る気持ちは確かにわかるが、批判ばっかりしても生産性がない。

 むろん私も長々とこうしてブログで批判してきたわけだが、要約すると「世間に対する印象を、もっと良くすべき」ということに尽きる。ここさえ修正してくれれば、IPPAとAVANのやってることは、全て善であるとすら考える。

 あくまで私のスタンスは、総論賛成一点反対というものにすぎないのだ。

 この文章を読んでくださった方々には、逆ギレすることなく私の真意をくみとっていただきたいとお願いする次第である。

 (続く)

アルファ女性がAV男優と交際(3)

 しかもAV男優本人はセックスはしてないと但し書きをつけながらも、「たまにご飯に行ったりする関係」なのは認めている。

 売れすぎてて激務なAV男優と、同じく売れすぎてて激務なキャリア女性、忙しすぎて暇のない男女が、「たまにご飯」をするだけなんて不可解である。東大卒電通勤務という華麗なキャリア女性が、そんな無駄をするだろうか?

 しかもお相手は、性欲が強すぎるのをウリにしたAV男優なのである。そんな人物が「たまにご飯」という時間の無駄をするだろうか?

 おまけに「たまにご飯」する関係が始まった発端は、ネットにアップされていた「地下クイズ王」の動画を見て、AV男優のその博識ぶりに感銘を受けてコンタクトを取ってきたことなのである。

 TV出演していたAVギャルの葵つかさを見て、ジャニーズの松本潤が彼女にコンタクトをとったことを思い出させるエピソードである。

 ここまで条件がそろっているのに、2人の関係がプラトニックと信じて疑わない風俗経験のある40代女性の書き手って、いったいなんなの?

 私は頭を抱えてしまうわけである。裏読みも深読みもできないのに、ライターやる意味はないのではないかと問い詰めたくなるわけだ。

 むろん裏のとりようなどないから、実際にはプラトニックなのかもしれん。

 しかし、男女関係があると疑ってかかることすらできない頭脳は、性能に疑問符をつけざるをえないのである。性能が悪すぎやしないか。セックス落ちするキャリア女性は、意外には思えるが実はありがちなことなのだから、最初に疑うべきだ。

 

 1.東大卒電通勤務のキャリア女性ブロガー。

 2.多数の著書を持つ女性起業家。

 3.名門文化人の家柄の写真家で映画監督女性。

 4.週プレでグラビアになったこともある東大卒の女性弁護士。

 

 私がセックス落ちしてそうだとアタリをつけた女性文化人は、これだけの人数がいる。あやしいだけで裏のとりようもないから、ブログでは名前を出さない。

 皆さん仕事ができてストレスフル。性欲ふくめた効率的な人生設計を好みそうなキャラクターである。

 はっきり言って誰ともモメたくないから、いちいちこんなこと書きたくはない。しかし私が根拠もなく推測するわけないので、自分の名誉を守るために長々と長文を書いた。

 お許しあれ。

アルファ女性がAV男優と交際(2)

 某女性ブロガーがAV男優と交際してると私が言及すると、「彼女が彼氏について書いてるブログを読むべき」との指摘をいただいた。風俗勤務経験のある、40代と推察できる女性からである。

 正直、頭を抱えた。

 風俗経験があるから人間の裏を見てきた人物で、いい年齢だから人生経験も豊富なはずだ、女性なんだから女心もわかるだろう……と先入観をもってしまいがちだが、どうもその3つの全ての理解が浅いと判断せざるをえない。

 彼氏がAV男優なんて女どうしのマウンティングでは必ず負けてしまう。女性としての格付けでは最低ランクを置かれてしまうのだ。当たり前だが彼氏がAV男優なんて、ひた隠しにするしかない。

 百歩譲ってAV男優が彼氏ではないとしよう。しかし別の彼氏がいるだけで、AV男優をセフレとしてちょくちょく会ってる可能性が捨てきれない。

 そんな裏読みができないライターってなんなの?

 看護師・介護師といったストレスフルな職業の女性は性欲が強いとよく言われる。当たり前だがストレスフルなのはキャリア女性だって同じだ。性欲が強くて当然なのである。

 私が言及している女性ブロガーは、東大卒の電通勤務だったというキャリア女性。自分を追い込んでハードに仕事する人物なので、ストレスから性欲過多になるのはありがちな話だ。

 キャリア的には立派な男性を彼氏にしたものの、草食系でセックスレス。愛はあるがセックスの無い男女関係で性欲はつのる一方。ムラムラして仕事にいまいち集中できない。

 仕事に集中できない状況は、キャリア女性ほど嫌うものなのだ。

 さっさと性欲解消し、仕事に集中することを彼女たちは好みがちだ。

 そうやって自分の性欲すらマネジメントできるから、彼女たちはいい大学に合格したし、いい企業に就職できたのである。起業しても成功した。性欲なんて下らないものに、ふりまわされなかったのである。

 名前は出さないが、起業家として立派な女性の某人物は結婚離婚をくりかえした過去がある。写真と映画で華やかな経歴の某女性も結婚離婚をくりかえし、その中の1人は出張ホストだとされる。

 「自分の性欲を徹底管理した結果」が、それらの結婚離婚だったり、出張ホストやAV男優との交際だったと考えても不自然ではないのだ。これらはありがちな話なのである。

 キャリア女性が自分の性欲を徹底管理し、マネジメントし、より効率的で良質なものにしようとした結果、「一般男性ではなく、セックスのプロ男性」を選ぶのはごく当然なのである。

 一般男性との退屈でジャンクなセックスなら、生理前のムラムラウィークに毎月セックスしなければならない。不十分にしか満足できないセックスならば、毎月プレイして量的な満足をえるしかない。

 しかしAV男優とのセックスならば、満足度が高いから3ヶ月に1回ですませることが可能だ。無駄なデートをしなくて済むのである。効率的で満足度も高いから、「良質で高水準な性欲の徹底管理とマネジメント」をした場合、妥当な選択なのである。

 (続く)

 

最近の私

 うしじまいい肉に名指しで批判されてブログのアクセスが集中した。

 1日に4700アクセス。

 自己最高記録である。

 しかし翌日にはアクセスが低下して、普段どおりの1日30アクセスに戻ってしまった。ブログのリピーター読者の獲得に失敗してしまった。読んで退屈な、魅力のない日記を書いているのだからしかたない。

 とはいえ、私の文章がうしじまフォロワーに刺さるはずもないよなあ……と、自分の実力不足を他人のせいにしたくなるのも本音である。

 アクセスは増えればいいというものではない。刺さるべき読者に、刺さっていればいいのではないかというのが私の考えだ。

 1日に100アクセスぐらいあり、その中の20人くらいに刺さればいい。

 何万アクセスあろうが、誰にも刺さらないのでは意味がない。

 地道にブログを書いてゆきたいと考える次第である。

 読んでくださってるリピーター読者が何人いるかわからんが(ゼロだとヤダなあ)、今後もよろしくお願いいたします。

アルファ女性がAV男優と交際(1)

 某カリスマブロガーの女性が熱愛発覚。お相手はカリスマAV男優。リスクのあることしたなあ……と、驚いた。

 女性どうしの格のはりあい、世間ではマウンティングと呼ぶらしいが(笑)、AV男優の恋人になるような女性は最底辺にランキングされてしまう。セックスの魅力に陥落し、我を忘れるような女性は同性から侮蔑されこそすれ、尊敬されることはない。

 いい女ぶって恋愛ネタで講釈たれても、「竿一本でいいなりになるくせに、偉そうすぎない?」と突っ込まれて終了だ。

 イメージづくりや、マウンティングが存在価値の全ての書き手なのに、それらを全て放棄して恋に生きるとは意外であった。

 といっても恋というよりも、プロのセックスが忘れられなくなって依存開始してるにすぎないだろうが。興味本位で試し食いしたら、想像よりもはるかにキモチよく、離れられなくなったといった展開だと察するが……。

 女性アルファブロガーAV男優と交際って、書き手としての自分の価値をゼロにする無謀な行為だ。だって書くのは結局は恋愛ネタなのに、「AVみたいなセックスしちゃダメ。女性はもっと繊細で複雑」などと、女性が好きそうなド正論(嘘だけどさ)を吐いても説得力はゼロになる。

 だってAV男優のAVみたいなセックスに夢中になってズルズルと交際してしまっているのだから。

 AV男優と交際しても、バラエティ番組のヒナ段でぶっちゃけトークするにはプラスになる。むしろ子供産んでシンママとして育てながら、「男の子が生まれたけど、父親似のセックスが上手い男性に育ちそう」なんて話せば視聴者は大喜びだ。

 だが文章を書きたがるような女性は上昇志向が強いので、ヒナ段で戦うような生き方は本来は嫌いなはずなのだ。バラエティタレントだったり、女性文化人だったり、「作家」を目指すのが普通である。

 でも、それらを全て放り捨てて、AV男優とのセックスに溺れるとは想像もつかなかった。バカなことしたなあ……と、つい思ってしまう。

 しかし同時に聡明で賢明な女性だったのかもしれないと、考えてもしまうのだ。

 自分にとって本当に必要なのは、女性どうしのマウンティングで上位になることや、作家になることではなく、AV男優のプロ水準のセックスなのだと悟ってしまったのだろう。

 本当に必要なのはセックスとは呆れてしまうが、セックスレスで離婚する夫婦は多い。セックスめあてで旦那と結婚したわけで、女性としてどうかと思う。しかし離婚の理由としては充分だったりもする。

 そんなことになるくらいなら、セックスめあてでAV男優と交際するのも、ある意味での「堅実婚」なのではないか。これはこれで、女性の書き手の生き方として正解なのかもしれない。

 某女性ブロガーが結婚したが、お相手は専業主夫のニュアンスが強い男性だった。そんなのと結婚しても、女性どうしのマウンティングでは負け続けるだけで女のランクは下がってしまう。

 そんなのは承知の上で、専業主夫っぽい男性と結婚したのは、意外な堅実婚に思えた。自分のキャリアのプラスになる男性を探して時間を浪費するよりも、自分のキャリアのプラスにはならないが、邪魔になることもない男性と結婚するほうが「堅実」だったわけである。高齢出産も回避できるし。

 マウンティングの世界で生きている女性に見えるのに、結婚や恋愛に関してはマウンティングに負けても堅実なことをする彼女たちは、とにかく意外だ。

 彼女たちの読者とは、正反対の人生設計をしてしまうのだ。

 そんなコたちの原稿を真に受ける女性読者は、救いようのないバカなのかもしれない。書き手の嘘を、まるっと信じ込んでしまっているのだから。