太陽光発電って本当に良いものなの?

 数年ぶりに実家に帰省した。新幹線で移動しながら窓の外を眺めると、太陽電池がやたらと見える。ソーラーパネルとゆうんだっけ? ツイッターでは太陽光発電の悪口しか目につかないんだが、こんなに増えてるとは知らなかった。

 実家にたどり着いたら、ご近所さんも屋根に太陽光発電のパネルをのっけてた。8月は日照量が多いので、3万円くらいは発電して稼いでくれるらしい。でも8月以外は3万円は稼いでくれない。

 パネルを買って設置するには数十万はかかりそうだ。でも8月で3万円しか儲からないなら、10年かけても30万円しか儲からない。元がとれるのは20年後くらいになりそうだ。

 全然儲からないじゃん!

 どうも太陽光発電で儲かるのは、設置した個人ではなく業者と電力会社だけのようで、なんだか釈然としない。なのになんで田舎はパネルばかりなのか?

 農業やる人もいなくなった水田や畑が大量に余っていて、農家はついつい太陽光発電に手を出してしまうのだ。100万円くらいはポンと出せたりもするし、その金の使い道もなかったりするので。

 無意味な出費かもしれないが、耕す人がいなくなり雑草が生えるばかりの休耕田や畑を見るのは忍びないものがある。ついついソーラーパネルを設置したくなるのが、農家の心理なのかもしれない。

 パネルがズラリとならんだある畑には、立札かあった。「脱原発!」というスローガンと、共産党志位和夫のポスターだ。ソーラーパネルではなく、ソーラーパヨクというわけか。

 つまらない冗談だが、退屈な冗談みたいな現実が私の目の前にあるわけで、どうにも困ったもんだよなあ。

 本当に太陽光発電脱原発できて、パヨク様が本当にそうする気があるのなら、耕作者がいないから農地が余った農家が、太陽光発電で大儲けする仕組みをつくるのが先だ。儲かるのなら誰もが設置するし、どんどん増えるわけで。

 なのにそうしないのは、本気で脱原発する気が全くないのだろう。

 困った奴らだなあ……と暗然とした気分になってしまう。太陽光発電で儲けてるのは業者ばかりで、農家に還元されてる様子がないのだ。こんな状況を放置して脱原発もクソもない。

 秋冬は太陽光が少なくてあんまり発電できないようなら、太陽光よりも風力発電のほうがむいてるのかもしれないし。

 脱原発を本気で考える気もまいくせに、よく吠えるパヨク様は本当に無責任である。

良いホモ、悪いホモ(4)

 いささか極端な話になってしまったが、リベラル思想というものが、そもそも矛盾した思想だというのをご理解いただけただろうか? リベラル思想的には、以下の通りの理念を持つべきである。

 

 1.イスラム教徒を排除してはならない

 2.同性愛を排除してはならない

 3.リベラル思想を排除してはならない

 

 しかし、1~3の思想を実践しようとすると、以下の行動をしなければならなくなる。

 

 1.イスラム教徒を排除しなければならない(彼らは同性愛を認めないから)

 2.同性愛者を排除しなければならない(彼らはイスラム教を認めないから)

 3.リベラルを排除しなければならない(同性愛とイスラム教を認めないから)

 

 

 ……って、明らかにオール全てぜんぶが矛盾しとるがな!

 同性愛者のためにイスラム教徒を排除して、イスラム教徒のために同性愛者を排除して、最後に同性愛者とイスラム教徒を認めなかったリベラルを排除するって滅茶苦茶だよ! 自己矛盾したリベラルが最後に消滅して終わりって、ワケわかんないし!

 結局、日本のリベラル様は矛盾に耐えられないのだ。

 日本のリベラル思想は、子供のリベラルなのだ。

 

 「ホモとレズに優しい自分が好き」

 「イスラムに優しい自分が好き」

 「リベラルな自分って、なんかカッコいい」

 

 この程度の考えで発言し、行動しているのが現状ではないのか。それは幼稚なリベラルであって、自己矛盾と向きあっていない。悩みながら成長し、大人のリベラルをつくるべきではないかと提言したい。

 いま求められているのは、自己矛盾により自我崩壊する子供のリベラルではなく、自己矛盾に悩みながら成長してゆく大人のリベラルのはずである。

 

 (終)

良いホモ、悪いホモ(3)

 多様な価値観を認めるのが、リベラル思想だ。

 思想の中には宗教も含まれるので、リベラル的にはイスラム教徒を守らなければならない。しかしイスラム教を認めない集団がいる。それがホモとレズである。

 イスラム教は同性愛を認めないのだから、ホモとレズは自らを認めない宗教を受け入れるはずがない。敵対的な宗教集団だからである。LGBT的にはイスラム教は、同性愛差別をする狂信的なカルト教団なのだ。

 しかしリベラル的にはイスラム教徒を差別する同性愛者は人間のクズ。よって排除されなければならない。そういったわけで、リベラル的にはもう一つの思想が爆誕してしまう。

 

 2.同性愛者はイスラム教を認めないので、排除しなければならない

 

 ……って、同性愛だからって排除したがる人々って本当にリベラルなの? LGBTへの理解がゼロなのに? 同性愛者を排除しようとしているのに? でもイスラム教を尊重するためには、イスラムを認めない同性愛者を日本から追い出すしかないのだ。

 まあ、イスラム教徒を追い出して、次に同性愛者を追い出せば、とりあえず矛盾は解決するでしょう。めでたいことではある。

 しかし次の矛盾が発生してしまうのである。

 イスラム教と同性愛を認めない、ネトウヨ以下の人間のクズどもを排除しなければならなくなるのだ。しかも彼らはイスラム教徒と同性愛者を日本から追い出した、差別主義者だからである。

 よって以下のリベラル思想が爆誕してしまう。

 

 3.リベラルはイスラム教と同性愛を認めないので、排除しなければならない

 

 ……って、イスラム教徒と同性愛者を日本から追い出した後で、リベラル様が日本を出てかないといけないのかよ! リベラルがリベラルを弾圧する、ワケわかんない状態になるよ! そんな日本でいいのかよ!

 たぶん、リベラル的にはいいのでしょう。

 なぜならば……。

 

 1.同性愛を認めない差別主義者の、イスラム教徒がいない

 2.イスラム教徒を認めない差別主義者の、同性愛者がいない

 3.イスラムと同性愛を認めない差別主義者の、リベラルがいない

 

 ……といったクリーンな状況になるからである。

 イスラムと同性愛とリベラルのいない日本って、本当にリベラル国家ですね!

 ……って、明らかにおかしなことになってしまうわけだが、でも、リベラル思想を追求したら、そうならざるをえないのである。

 (続く)

安倍晋三の季節の終わり(3)

 ウヨ系の動画を見ていたら、「安倍政権は長くない」「安倍政権は負けた」と語るジャーナリストが2人いた。妙に気になる現象だった。

 パヨク系の文化人は、負けを絶対に認めない。ウヨが全て間違っていて、パヨクは全てが正しいという理屈をこねる。パヨクは常に勝ち続けていて、ウヨは常に負け続けているのだ。

 しかしウヨっている人々は、安倍政権の終わりを感じ、負けを認めた。正確には挫折を痛感しただけで、まだまだ戦い続けるつもりのようだ。

 現実から逃げ続けるのがパヨクで、現実を見つめ続けるのがウヨと区分できそうだなあとも思った。なんだか、らしい感じである。

 安倍政権の挫折。

 アベの季節の終わり。

 なんか、そんなもんを感じてしまう。安倍ちゃんが消えて二階さんや石破さんが総理になっても、悪い意味で変化がないという予感がする。昔のように、日本全体が少しずつ落ちぶれてゆくだけとゆうか。

 

 安倍政権(ネトウヨ) vs リベラル(パヨク)

 

 ……といった戦いのようによく語られたが、実際は改革派の安倍総理と、守旧派パヨクの戦いだったように思う。これまで通りでいいんだと考える50代以上の年齢の人々と、それに付き従う若者たち。

 といっても、若者はパヨク二世たちだが。

 両親がパヨクなんで自分もパヨクになった、反抗期のない従順なコたちとゆうか。

 一方の安倍ちゃんは反抗期のど真ん中で、戦後体制に噛みつき続けたように思える。

 7月末に言うことではないのだが、政治の夏は、もう終わったよな。

良いホモ、悪いホモ(2)

 思想によって良いホモと悪いホモに区分し、右翼思想のホモを弾圧しそうなリベラル様。自己矛盾に耐えられない彼らの自我は、簡単なことで崩壊してしまう。崩壊したら悩みながら考えればいいのだが、そんなことを彼らがするはずがない。

 困ったものである。

 そもそもリベラル思想というものが、一貫性を持つのが不可能だ。

 例としてリベラル的な思想をあげて、論を進めてゆこう。

 

 1.イスラム教徒を排除してはならない

 2.同性愛を排除してはならない

 3.リベラル思想を排除してはならない

 

 多様な思想を認めるのが、リベラル思想のはずだ。同性愛とイスラム教とリベラル思想は排除されてはならない。

 しかし、それは不可能なのだ。

 イスラム教は、同性愛を認めていないのである。

 もちろん宗派や地域や個人によって、ホモレズを認めるイスラム教徒はいるだろうが、基本的には同性愛をイスラムは認めないということで論を掘り下げてゆく。

 イスラム教徒である限り、同性愛を認めないのだから、そもそもイスラム教徒はLGBTに差別的であり、リベラル思想の持ち主ではないのである。よって日本のリベラル様は、イスラム教徒を認めてはならないし、批判しなければならなくなる。

 それはリベラル思想的には義務なのだ。

 もちろんイスラム移民を日本に入れるなどもってのほか。リベラル的にはLGBTを認めない差別主義者(この場合はイスラム教徒)を日本に受け入れてはならないからである。

 ここでリベラル的な思想がひとつ誕生してしまう。

 

 1.イスラム教徒を排除しなければならない(彼らは同性愛を認めないから)

 

 ……って、イスラム教徒だから排除しなきゃならない社会のしくみって、本当にリベラル的なの? なんだかおかしくね? 多様な価値観を認めるのがリベラルなのに!

 明らかにおかしなことになってるわけだが、矛盾はさらに続くのである。

 

 (続く)

山口敬之と詩織はバーで知り合ったとな?

 山口敬之に薬物を飲まされてレイプされたと主張するしおりん(詩織)。もし真実だったなら安倍政権の総力をあげて山口を追い込むしかないわけだが、いかんせん証拠がないんでどうにもこうにも。

 泥酔して意識不明の詩織を山口がホテルに連れ込んだのは事実なんだが、密室の中で彼女がセックスをOKしたかもしれず、山口敬之を批判しまくりたくてもできない。

 悩ましいのう。

 そんな中で詩織レイプ騒動で、新たな事実が浮上した。詩織と山口敬之は、バーで知り合ったというのだ。

 バーって何よ?

 いや、バーって色々とあるよ。銀座の立ち飲み500円バーは出会いの場として有名。ガールズバーはキャバクラと同じだ。前川喜平が通っていたのは売春バー。

 ……で、詩織がいたのはどんなバーよ?

 さすがに売春バーにいたとは思わないが、ナンパ箱だとニュアンスがかなりかわってくる。ガールズバーでバイトしてたとなったら、さらにニュアンスが変わる。

 当たり前だが、立ち飲みナンパバーだろうが、ガールズバーだろうが、レイプしたらダメだ。売春バーですら、金とプレイに女性が納得してない場合、レイプに該当するのである。

 そういったもろもろの事情を踏まえたうえで、詩織には色々と説明していただきたい。そもそも、どんなバーで山口敬之と知り合ったの?

 そりゃ前川喜平が売春バーで貧困調査するのだから、山口敬之がガールズバーで就職調査することだってあるでしょうよ。就職先を探してた詩織が、ガールズバーでバイトしてても違和感はないし(歳くいすぎてるとは思うけど)。

 なんかもう、釈然としないこと多すぎな詩織レイプ騒動である。

良いホモ、悪いホモ(1)

 AERAの竹下郁子記者が書いた、AERAのホモ記事を立ち読みした。

 リベラルなバカ女子が妄想しがちなホモと違い、現実のホモは違うという内容だったと私は解釈した。そしてコレは危険な兆候だなあとも思った。

 リベラル様は日本右翼が大嫌いだ。ネトウヨも嫌いである。彼らはホモとレズとイスラム教徒が大好きだ。日本国内にどんどん増えて欲しいと願ってやまない。

 しかし、ホモとレズにだって右翼思想の持主はいるのである。

 ホモとレズは大好きだけど、右翼思想は大嫌いなのがリベラル様だ。

 ではウヨってるホモ、ウヨってるレズに対してどう接するのか?

 はっきりAERAの記事中では文章にしてなかったが、「ウヨったLGBTはいるので、リベラルな我々は心の準備はしておこう」という病んだ電波を発信しているように読めた。

 あくまで私が勝手に行間を読んだだけだが……。

 今後はウヨった思想をむきだしにするホモやレズが、当たり前だがどんどん登場すると予測される。……ってゆうか、マスコミに登場しないだけで既に多数のホモ右翼やレズ右翼が存在しているに決まっている。

 そもそも三島由紀夫がホモっぽかったのは有名で、しかも彼はガチガチの右翼。極右思想の持主である。自衛隊に乗り込んでアジったあげくに、割腹自殺するほどだから。

 ホモ右翼はそもそも数十年も前から存在しており、超有名だったわけだ。

 なのに、なぜかリベラル様の頭の中では存在しないことになっていた。

 LGBTはリベラル思想の最たるものだから、ネトウヨ思想とは相反すると、リベラル様は勝手に妄想していたのである。

 しかし、ホモ性癖と右翼思想は矛盾しない。むしろ三島由紀夫を見る限り、ホモと右翼は相性が良いほうなのである。むしろホモと右翼は矛盾すると誤解し続けていたリベラル様のほうが、頭がおかしいわけである。

 ホモ右翼と遭遇したリベラル様の自我はあえなく崩壊するだろう。

 彼らの頭脳はホモ右翼という矛盾した概念を受け入れることができない(そもそも矛盾してないわけだが)。

 するとどうなるか?

 リベラルなホモは良いホモ、ウヨってるホモは悪いホモ!

 こんな珍妙なことを提言しそうで怖いのである。

 明らかに思想統制なんだが……。

 

 (続く)