鬼龍院花子の生涯

 鬼龍院花子の生涯を鑑賞。

 子供の頃にテレビで何度も見たことあるが、女優さんのヌードと、仲代達也の狂った演技が最大のお目当てであった。仲代のキレっぷりが子供心に大好きで、よくモノマネしたものだ。変わった子供と思われてたのは、不本意だったが……。

 大人になってから鑑賞すると、仲代達也がマジで狂った男優であることに気づかされる。溶けた氷のように透明な濡れた目つきで演じるため、ヤバい薬をキメた人にしか見えないのだ。

 こんなヤク中みたいな俳優だったっけかなあ……。

 トーク番組などで見る仲代達也は、インテリな人格者に見えた。しかし狂気を演じるとなると、一転して薬物中毒なみに変貌してしまうあたりに、役者としての狂気を感じてしまう。

 ヤクザ映画系の演技をする岩下志麻などの面々のヤクザ感の演技と、仲代達也の演技は全く別もの。異質である。

 仲代達也は大藪晴彦の伊達邦彦を演じたこともあり、意外な配役だと違和感に首をかしげた。やっぱり松田優作のイメージが強い役だからである。やっぱり仲代よりも、松田ではないかと、ついつい考えてしまう。

 しかし伊達邦彦は確か早稲田卒のインテリでもあるから、仲代達也のインテリ感は役になじむのである。そしてそれは松田優作にはない味わいだ。

 そして平気で人を殺せる伊達邦彦の人間性を、「イッっちゃってるヤバい人間の狂気性」と解釈した場合、仲代のヤク中みたいな演技は正解ではあるのだ。

 狂気にもいろんな種類があって、松田優作的な狂気もあれば、仲代達也的な狂気もある。どちらがより優れているかどうかはないので、役にあってるかどうかの違いなのではないか。

 あと仲代が演じる役は文盲で文字が読めない。だから手紙を部下に読ませるのだが、無学な自分を恥じてもいる役なので、手紙を音読するように部下に命じる時に、一瞬の間がある。

 こうゆう細かいとこまでつくりこむのはさすがなんだが、理解してる観客はいないだろうなあ……と思った。

くちびるに歌を

 くちびるに歌を、を鑑賞。

音楽教師が赴任。合唱部を率いる……って、名作の香りしかしないですね! エーデルワイスだったけ? 忘れたが、そんな名作映画もあったよな。

 

 ●新垣由衣の演技のメジャー感。テレビ地上波がよく似合う

 ぶっちゃけ制作サイドとしては、合唱部の中学生を演じる子役たちを、生き生きと描きたいだけなんだと思う。しかし演技力はあるけど、無名の子役たちを主人公にしたのでは客が入らん。

 だからテレビ地上波で高視聴率をとる、新垣由衣を主演にして客を入れたいという思惑はあると思うのだ。実際にガッキーは、メジャー感のある演技をしている。

 映画の格がグッと上がった。


 ●子役の演技がやばすぎる

 自閉症スペクトラムの兄の面倒をみることに忙殺される役を演じる、下田翔太がやばすぎる。けなげな姿に中高年男性の私のハートはわしづかみ。しかも歌う時のたたずまいとゆうか……。

 恒松百合もいい。


 ●物語中盤から感動させまくる

 邦画の感動作品のつくりは、物語中盤からひたすら感動させまくるのが定番。本作も物語中盤から、ひたすら泣かせまくる。勉強になる作品だった。

 

 ●長崎の港町で生きる人々が、生き生きと描かれる。

 真夏の方程式を鑑賞した時にも思ったのだが、田舎町を舞台にした映画は田舎に生きる人々が生き生きと描かれると、名作感がぐっと高まる。

 また田舎の人々が生き生きとしてるからこそ、都会からやってきた主人公もまた輝けるわけで……。*1

*1:ここに脚注を書きます

重力ピエロ(1)

 重力ピエロを鑑賞。

 原作は伊坂幸太郎。やばいな。名手じゃないか。死神の精度で感動した経験がある。期待しながら映画を見始めた。


 ●渡部篤郎の演技、地上波放送できないのでは?

 渡部篤郎の演技がやばい。一見、普通の人物に見える。しかし強姦を悪いこととは思っておらず、反省することもできないのだ。しかも強固な強姦理論で自己正当化していて、普通の論客程度では論破できない。

 いわゆるサイコパスを演じてるわけだが、普通な感じと強姦が平気な感じの両方を、同時に演じなければならないので、非常に難しい役どころなのだ。

 刑法39条という映画で堤真一が多重人格者を演じ、それも迫真の演技ですばらしかった。

 しかし多重人格だから、「今は人殺しのできない人格ですよ」「そして今から人殺しのできる人格になりますよ」という境界線がはっきりと見えるのである。

 つまり普通の人格と、殺人人格を別々に演じてるにすぎない。

 同時に演じてるわけではないのだ。

 今回の渡部篤郎の場合、普通の人格と強姦人格が混ざった状態で、同時に演じなければならない。よって多重人格よりも、難しいことを要求されているのである。

 そんな難しい役なんだが、ここに落としてくださいねという、落としどころを間違えなかったと感じた。これが強姦が好きで好きでたまらない……というような、わかりやすい狂気で演じられたら、理解不能な恐怖はなかったろう。

 とはいえ渡部が語る強姦理論、内容が内容すぎて、ちょっと地上波では放映できないのではないかと感じた。なんかこう、正論っちゃ正論なんで、余計にキツいとゆうか。

まほろ駅前狂騒曲

 まほろ駅前狂騒曲を鑑賞。

 

 ●松田龍平だけにしかない魅力が薄く見える作品

 バスの中で松田龍平が負傷し、思わず殉職してしまうのかと思ってドキドキしながら見てしまった。もちろん松田優作の太陽に吠えろでの殉職シーンを思い出したからである。龍平も殉職が似合う役者だよなあ。

 松田は無表情なので何を考えてるかわからず、不気味だったりえたいのしれないところがあるのが特徴だ。だからバスの中で無表情でいた時に、こいつキレるのかな? キレたら何するかわかんないな? という期待と不安がこみあげてくるのだ。

 このへんの感じが、松田龍平だけにしかない魅力ではないか。それがうっすらと見えたのは収穫であった。

 しかし、あくまで、うっすらとである。

 ただ本当はその魅力を出し切って欲しいのだが、役と脚本に恵まれないと、役者単独ではどうにもできんのも現実だ。今後に期待したい。


 ●映像としては一応、完結らしいが?

 映像作品としては、一応は完結らしい。しかし物語としては完結していないので、続編は全然つくるべきではないか?

まほろ駅前多田便利軒(2)

 ●松田龍平の演技について

 松田龍平が独自の存在感をもっているのは確かだが、もっと自分の個性を前面に押し出してもいいのではないか?

 どうもカメラに対して少しナナメった状態で、一歩奥にひっこんだ状態のことが多い気がするのだ。正確には、そんな空気感を私が勝手に感じているだけで、実際にそうではないのだが。

 もっとカメラに正面に構え、観客とむかいあって欲しいのである。

 そうゆうのがダサい……というのはわかる。安易でもある。しかし観客と向かい合わない男優ってどうなの?と思ってしまうのだ。ダサくて安易でも、彼がやるとそうでなくなる……という男優になれば良いだけではないかとも、思ってしまうわけだ。

 ついつい父親の松田優作を思い出してしまうのは、観客として良くないとこだ。しかし親父さんは常に観客と正面から向き合って、前に前に出てきてたよ……と言いたくなってしまうのだ。

 また映画の中で「なんじゃこりゃ!」と瑛太が吠え、松田が「なにそれ、似てない」と切り捨てるところは、松田優作の有名な太陽に吠えろでの殉職シーンを思い出させてもらい、ニンマリさせられた。


 ●瑛太の演技

 終盤の驚異の長まわしの演技には瞠目させられた。一か所だけ噛んでいるが、それすらリアリティを産んでいる。長々と喋る時に、普通の人間は噛むからだ。それを演じたにすぎないという解釈でいいと思う。だから監督もイキにしたわけで。

 イケメンだけど耳のデカい男だなあ……という印象で、特徴があるので記憶に残りやすい男優である。

安倍晋三と阿部寛(4)

 現在の日本が置かれてる状況を分析してみよう。

 民主主義陣営の一員として、超大国であるアメリカの属国として西側陣営の下請けをしているのがニッポンだ。そして自分たちよりも、はるかにデカいロシアと北方領土をめぐって戦わさせられている。しかも超大国である中国には、卑怯で狡いやり方で大切な科学技術を盗まれながら闘わざるをえない。

 そんな苦しい立場の中小国家

 それが現在の日本の状態ではないか。

 これは下町ロケット阿部寛が率いる佃製作所となんだか立場が似てるのだ。

 巨大企業である帝国重工(アメリカ)の下請けに甘んじる、中小企業の佃製作所(ニッポン)。そして自分よりもデカい企業である、ナカシマ工業(ロシア)と戦わざるをえない。帝国重工の下請け依存では自立もままならず、人工心臓分野に進出。しかしそこにはやっぱり自分たちよりもデカい巨大企業のサヤマ製作所(中国)がいて、卑怯なやり方でアイディアや技術を盗まれて大苦戦。自立の道は遠いにゃあ……。

 ……って、阿部寛安倍晋三、佃製作所と日本って、置かれた立場や状況が完全に一致やがな!

 そしてロケット打ち上げ(第一次安倍政権)に失敗し会社をクビになり(総理を辞め)、親の会社を継いで奮闘する2代目社長の阿部寛って、安倍家の選挙区を継いで奮闘する安倍晋三となんだか似ているのである。

 原作の池井戸潤安倍晋三安倍晋三をイメージしながら、下町ロケットを書いた……などと言いたいわけではない。どんな主人公にも挫折はあるし、自分よりもデカい敵と戦うしかないのだから、似通ってしまうのは当然と言いたいのである。

 このブログを読んでいるアナタだって、安倍晋三阿部寛のように挫折はしたろう。そして彼らのように自分よりもデカい敵と戦ってきた人生のはずである。

 物語の主人公と、自分の人生の主人公であるアナタは、共通点があるのが当たり前なのだ。自分と似ているからこそ、主人公に感情移入してしまうのである。

 そしてメガヒット作品は、それがリリースされる状況下と、よく似てしまうものなのだ。米国の下請けとして生きる中小国家の日本は、自分よりもデカい超大国のロシアや中国と戦わざるをえない。

 それは中小企業の佃製作所と同じ状況なのだ。

 そんな中で社員や国民は、強いリーダーシップを求めてあこがれるしかないのである。それが阿部寛安倍晋三であったりするのだ。それがぴったりと、偶然に一致したからこその、メガヒットだと思うのである。

 安倍研究を始めた私は、安倍ちゃんの演説動画をよく見た。あまりに特徴的で、個性的だと感じたのは「この美しい島に産まれ」というフレーズである。

 普通ならば「この美しい国に産まれ」と表現するところである。しかし国ではなく島という表現を選ぶ安倍センス。ひっかかったので掘り下げて深く考えてみた。

 まず日本という国の歴史を考えると、秋津州(アキツシマ)などと呼ばれたこともあったのだ。たくさんのトンボが飛んでいる島という意味である。

 日本という国ができるはるか昔から、我々は日本列島に住んでいたのだという長い歴史を表現するためには、国ではなく島でなければならないのである。

 そしてあくまで小さな島であって、巨大な大陸ではない。

 米国やロシアや中国のような、大陸国家や超大国ではない。それらとは違う、中小国家である島国が日本なのだと安倍ちゃんは定義したのである。

 しかも「美しい」島なのである。「強い」島ではない。米国ロシア中国のような、戦争好きな軍事大国の道は歩まない。強い国であり、戦争好きな国であることは、もう2度と目指さない。平和国家として生きるという意味と私は解釈した。

 そして「豊かな」島でもないことにも注目だ。米国や中国のような、経済大国ではない。経済における中小国家として、豊かではないけれど、美しい国として幸せに生きる。

 そういったもろもろの意味が、安倍総理の「美しい島」発言にはふくまれると私は勝手に解釈した。

 前述した「絶対に安全」発言といい、「美しい島」といい、トータルな印象として安倍総理は演説上手である。同様に阿部寛も「技術には絶対の自信がある」などと、ここ一番で宣言するスピーチ上手だ。

 自分の言葉を持ち、自分の言葉で語る強いリーダー。

 それを国民と視聴者が求めたからこそ、中小国家の総理としての安倍晋三、中小企業の社長としての阿部寛爆誕したのではないかと私は思うのだ。

 ただちょっと安倍ちゃんに苦言をていしたいのだが、英語でスピーチする際は、どうせ英語はうまくならないのだから発音などという細かい部分にこだわるべきではないと言いたい。

 もっと演説に感情をこめ、国民と総理の感情を諸外国の人々に伝えるほうが重要ではなかろうか。日本語のわからない外国人が下町ロケットを鑑賞しても、阿部寛の熱い想いが伝わるようにだ。

 そして阿部寛は社員たちを信頼しているが、安倍総理はとても国民を信頼してるようにも見えないのである。

 確かに安倍叩きしかできねえ無能なパヨクが多すぎなのはわかる。彼らだって国民だし、それを信頼しろというのはアベ的には無理だろう。

 しかし社員を信頼する社長を、社員が望むように、国民を信頼する総理を国民が求めるのは当然のことなのだ。「日本国民には絶対の信頼がある!」と断言できる、強いリーダーもまた望まれているはずだ。

 安倍ちゃんには、そこまで求めたいのである。

安倍晋三と阿部寛(3)

 私の中での安倍晋三のイメージは最悪だった。

 第一次安倍政権で大失敗した、頼りない三代目というシロモノだ。成蹊大学出身というのも、なんだか中途半端な学歴である。総理が務まるのは、東大出のバリバリのエリートか、あるいはたたき上げの中卒高卒か、どっちかしかないと思っていたのだ。それは今も変わらない。

 そんな安倍ちゃんのイメージが一変したのは、東京五輪の招致に成功したスピーチを確かリアルタイムで見た時のことだ。

 「放射能は完全にコントロールされてます。東京五輪は絶対に安全!」

 晋三がそう言い切った時に、私は腰が抜けた。だって福島原発放射能漏れが、きちんと処理されてるのかどうか明確にわからないまんま、東京に住んでいたからである。

 私は知人とよく話した。

 福島原発が安全なのかどうか、よくわからない。そもそも危険なのかどうが、よくわからない。

 そんなぼんやりした状況をつくることが、国民をコントロールするコツなのだとわかってはいた。

 ぼんやりとした不安を持たせつつ、危険な状況への心の準備をさせる。しかしぼんやりとした安心を与えることにより、暴走をさせない。

 そんなサジ加減の元で、政治家と官僚が国民をコントロールしようとしていると思っていたのである。

 そんな中で、あの頼りない二代目総理の安倍晋三が、全世界にむかって「絶対に安全!」と言い切ったのである。それも満面の笑顔で。

 ついに狂ったかと思った。

 いや、安全かどうかどころか以前に、危険かどうかすらわかんない状況下で、絶対に安全だなんて言いきったらマズいでしょ。何を根拠に安全なんて言い切るの? それも全世界を相手に? 無責任にすぎでしょ?

 巨大な疑問符が頭の中に点灯した。

 しかし同時に、ここは根拠はなくても絶対に安全と、言い切るしかない局面だなあとも悟ってもいた。たとえ大嘘でも、大嘘をつかなきゃならない局面は人生にはある。あるとしたら、ここだなあ……とも。

 なんだかとんでもないヤツを総理にしてしまったと、私は驚いてしまった。

 同時に衝撃を受けたのは、安倍ちゃんがいるスピーチ会場の雰囲気が一変したこと。全世界の外国人が、「アベが絶対に安全と断言しやがった! 何がおきても俺たちは責任をとらなくてすむ! アベに騙されたと言い訳すれば、責任のがれできる!」という心で一つになったように見えたのだ。

 実際にどうかはわからない。しかし、私にはそう見えた。そうとしか見えなかったのだ。勝手に、そう思ってしまったのである。

 全世界を相手に平気で嘘をつけるヤツ。そして全世界を騙せるヤツ。少なくとも騙されたふりをさせられるヤツ。

 そんな男でないと、今の日本国総理大臣は務まらないのではないか? だって今のニッポンは最悪すぎなんだもん。

 安全かどうか安倍ちゃん本人が信じてるかどうか怪しいものなのに、満面の笑顔で自信まんまんに言い切る彼の様子に、なんだかとんでもなく異色で個性的な総理大臣が爆誕した衝撃を受けた。

 そして私の安倍研究が始まった。

 ……えーと、話が全く下町ロケット阿部寛にまで進まないが、とりあえず安倍ちゃんのアンダーコントロール宣言、「東京五輪は絶対に安全!」と、阿部寛の「技術には絶対の自信がある!」は、根拠のない説得力に満ちているところが似ていると指摘しておきたい。

 続きます。