田沼たかしは統合失調症?(1)

 アスペルガーについて考えると、鬱になってしまう。

 Google検索しただけで、「アスペルガー 悪化」「アスペルガー 遺伝」などという嫌な検索ワードに遭遇してしまう。アスペルガーは悪化するし、遺伝してしまうのだ。

 両親や祖父母から自分に遺伝するし、自分の子供や孫にも遺伝してしまう。もちろん遺伝しない場合もあるのだが……。

 アスペな同僚の田沼たかし(33歳)を見ていて、努力すれば治らないせよ克服できると考えていた。応援するつもりでいた。

 「ちょっと変だが、根はいいヤツ」

 ……といったあたりに田沼を落とし込めると思っていたのである。

 だけど本人がどれだけ努力しても、アスペは悪化はするのだ。子供にも遺伝してしまうし。むろん必ずそうなるわけではないが、妙な期待をしても裏切られかねない。

 事態の深刻さに気づき、ぞっとした。

 他にも検索すると、鬱になることばかりに遭遇する。アスペ男と結婚したものの、女心がまるでわからない夫にウンザリして鬱になる妻。結果、夫婦関係は破綻し離婚。

 アスペルガーが理由の離婚はよくあることだ。

 また別にこんなケースもある。

 アスペな旦那への愛情は無くなったが、「旦那を介護するようなもん」と無理やりに自分を納得させた女性もいる。もうじき産まれる子供にも父親は必要だ。

 旦那には何も期待しないが、子を産み育てることで、女性として幸せになろうと頭を切り替えたのだ。

 そこまでは良かったものの、子供が成長するにつれて挙動がおかしくなってきた。嫌な予感にさいなまれ、我が子に何が起きているか母親にはわかった。

 しかし我が子のためにと不安を押し殺し、母は子供を病院につれてゆく。嫌な予感があたらなければいいと祈りながら。

 医師の診断によると、やっぱり子供はアスペルガー

 旦那のアスペが子供に遺伝してしまったのである。

 子供を産んで幸せになるはずが、家族にアスペが増えただけ。アスペ増殖。迷惑が二倍になってしまったのである。

 絶望のどん底に落とされながらも、彼女は孤軍奮闘する。

 でも、そんな妻を夫はまるで理解しない。だってアスペだから。他人の心が理解できない障害があるのだから。

 妻はさらに鬱になる(カサンドラ症候群という)。

 さすがに旦那もこれではいかんと思うわけだが、アスペだから何も理解できないし、何もできない。機械や昆虫が家族や旦那になりすましてるみたいなもんなのだ。

 ディストピアSFやホラー映画みたいな状況になってしまっているのである。

 妻子のために何かしたいが、アスペだから妻子が何を考えてるかわからない。そして何をしていいかもわからない。

 アスペな旦那も鬱になる。
 
 鬱になってる場合ではないが、そもそも問題解決の能力が本人に無いのだからしょうがない。なぜ女性を幸せにする能力が無いのか?

 アスペルガーだから。

 結局、アスペルガーが一人増え、鬱患者が二人増えただけの、不幸な結婚になったわけだ。

 自分はアスペルガーではないと言い張る、田沼の気持ちがよくわかったのである。

 アスペなだけで結婚すると女性を不幸にしてしまうし、下手すると子供まで不幸にしてしまう。

 ちょっと検索しだけで、恐怖に押しつぶされるのだ。

 田沼たかしが、自分をアスペルガーだと認めない、理由の一つがこれである。

 彼の気持ちは非常によく理解できるのだ。

 だって検索しただけで私が恐怖に凍りついてしまうほど、深刻な発達障害アスペルガーなのである。まして当事者の田沼は、もっとへこんでしまうはずだ。

 しかし同情の余地はあるものの、アスペのせいで仕事に支障が出てしまっている。

 なんとかして自分の発達障害とむきあってもらわねばならない。
 どうしたら、そうなれるのやら……。

 暇な時間になると、そんな思案をしていた私が、衝撃的な噂を耳にした。

 田沼たけしは統合失調症だというのだ!

 アスペルガー統合失調症って、なんだか話がうまくできすぎてる。そんなことあるのかなあ? と疑問に思った私は、調査を開始することにした。

某パヨク女性が#MeToo (2)

 

 レイプ現場になったのはホテルの部屋。ラブホテルのバリアンなどではなく、シティホテルと忖度したいところだ。

 では、なぜ彼女はシティホテルの個室に男といたのだろうか?

 謎である。

 伊藤詩織のように意識不明になるまで酒でも飲まされ、下手すれば睡眠薬でも盛られたのだろうか? そして金の腕時計が破壊されるほどの暴行を受け、犯されたのか?

 ま、そういうことにしておく。

 そして「あなたがそんな恰好しているからいけないんでしょう」とダメ出しされたのである。

 ……って、このダメ出しをしたバカは誰なの?

 ひっかかってしょうがない。

 まずネトウヨなどではなさそうだ。

 レイプ被害者の女性はガチガチのパヨク様なので、ウヨった人物を毛嫌いしているはず。知人にネトウヨはいなさそうだ。彼女に直接、エロいカッコしてるアンタが悪いとは言えるネトウヨは存在しないはずなのである。

 もちろんネットではその種の暴言を吐くやつらは沢山いるだろう。ならばそのスクショなどを見たいのである。

 レイプ被害者にそんなナメた口をきく野郎は、ボコボコに批判してやるべき。だからこそスクショを証拠として例示して、バッシングすべきなのだ。だから証拠を見せてくれと言いたい。

 あるいは被害届を出そうとしたら、警官にそう言われたのか? 確かに警官なら普通に言いそうだ。彼らは世界一優秀な捜査組織だが、バカな小役人にすぎないのも現実だからだ。

 では、どこの署の、誰だよ?

 とっとと名前を出して告発しちまえよ。

 応援するから。

 レイプ被害者に暴言を吐く警官は、実名あげてボコボコに批判するしかあるまい。ぜひやって欲しいと私は言いたい。積極的に支援するので。

 あとここが重要なんだが、レイプ犯はそもそも誰よ?

 彼女はパヨク運動にハマっていて、それ系の人脈は多そうだ。そしてパヨク運動は、セクハラと不倫の巣窟なのだ。

 人権組織のリーダーが女性占い師と不倫。東京新聞でインタビューも受けて英雄視されるパヨク戦士がセクハラ。人権組織の看板女性である人妻はあちこちでセックス。パヨクな漫画家がセクハラ。パヨクなドキュメンタリー監督は、フェラチオレイプを出演者に強要。パヨクな映画評論家は、不倫愛人を連れまわして周囲の顰蹙をかっては、高額の黒毛皮をプレゼント。

 そんなのばっかりだ。

 とどめを刺すのは菅野完で、女性にレイプ寸前までセクハラしといて、賠償金を値切る暴挙。反省の色はゼロ。山口メンバーよりもひどいことしといて、しれっとテレビ出演できてしまうのが、謎なんだが……。テレビに出すなよ、そんな奴。

 話がそれたが、パヨク運動にどハマりしていたパヨク女性がレイプ被害者なので、彼女は普段からネトウヨやウヨった男性は毛嫌いして身辺に近づけなかったと想定できるのだ。普通に考えて山口敬之みたいなウヨった男性や、ネトウヨ男性に強姦されたとは考えづらい。

 むしろ彼女の近くにいるパヨク男性と考えるのが自然だろう。

 しかも24歳のできごとで、写真の彼女は24歳くらい。ここ1-2年のできごとらしい。レイプ犯はナメすぎでしょ。

 もう何の遠慮もいらないんで、レイプ犯の実名をあげて、告発しちゃってもいいんじゃないかな!

 壊れた金の腕時計を証拠として提出。腕時計が壊れるほど暴行されてんだから、きっと外傷もあるはずだから診断書を提出。妊娠や性病も怖かったろうから病院に行ってるはずなんで、その診断書も提出。ホテルでレイプされたんだから、防犯カメラに動画があるはずだから、それも提出。

 まさかひとつもないなんてことはないだろう。

 大嘘ついてもいいサブカル私小説純文学の文体で描かれてはいるが、絶対に嘘をついてはならないレイプ告発の文章なのだ。何の嘘もないはずである。

 普段からパヨった正論を吐いときながら、実際にやるのは女性を強姦って偽善者クソ野郎はボコボコにしてよし。カウンセリングを受けて反省したふりして情状酌量を狙ったくせして、後で賠償金を値切るようなマネも絶対にさせたらダメ。

 動かぬ証拠をつきつけて、必要があれば公開もして世論を炊きつけ、徹底的にレイプマンを糾弾すべきと当ブログではブチあげたい。

 ジャニーさんではないけれど、

 「 YOU! やっちゃいなよ!」

 ……と大いに応援したい次第なのである。

 あくまでレイプ告発を応援し、そのためにも証拠を出そうと強調したいのだ。

 被害者女性さん、あなたの告発を応援してます。

某パヨク女性が#MeToo (1)

 某パヨク女性がレイプ体験を告白した。流行りの#MeTooだ。文体がサブカル純文学調(佐倉まな文体?)というのでしょうか? オッサンの私にはまぶしく見える感じと、いまどき風でげんなり萎える感じと、二つの感情が出てくる。

 文章は街宣のスピーチ原稿というのに、違和感を感じた。

 色々と問題点はあるものの、トータルとしていい文章だ。しかし駅前広場や路上で、マイクをもって通行人にアピールするにふさわしい文章なのかといえば、ちょっとわからない。

 あまりに私小説的すぎやしないか?

 私小説というのは、嘘と本当が混ざったものだ。私小説で起きたことが、現実に起きたことなのか否かは実はあやしい。西村賢太私小説では、作者は恋人にDVしていたことになっている。

 でも実際にDVしてた保証はないのである。

 DVしてなくても、作者は責任をとらなくてもいい。太

 西村賢太私小説を読みながら忖度すると、明確には書かれてはいないが、彼の父親は強盗しようと侵入した家で強姦もやってる風なのだ。それが理由で、西村賢太は家を出て現在に至るとされている。

 でも、実際にそうだったかどうかはわからないし、真っ赤な嘘でも作者は責任とらなくていいのである。

 私小説とは、そうゆうものだ。

 そのサブカル純文学私小説の文体で描かれるレイプ体験告白に、私は強烈な違和感を抱いてしまうのである。別の文体を選ぶべきではなかったか? 街宣スピーチにふさわしい文体とも思えないが?

 ちょっと彼女の中で、境界線があいまいになってる不安を感じた。

 告白の内容はこうだ。

 ファッション誌には身長160cmで45kgもある女性はちょいデブと書いてある。自分は160cmで48kgの14歳で、周囲から安産型と呼ばれる処女だった。

 ……って、このくだりが何アピールなのか、オッサンの私にはよくわからんのだ。

 いわゆる裏垢女子の書いた文章なら、14歳の頃から発育充分なセクシー女子で、女目線かせみたらモデル体型ではないデブ女子だけど、男目線ではそそるヒップのグラドル体型ちゃん、デブではありません……となるだろう。

 しかしこれはレイプ告発の街宣スピーチの原稿なのである。

 このくだり、必要だったのかなあ?

 若干14歳にして性的な目線で見られがちで、本人は戸惑った。本人の意図にかかわらず、エロ目線で見られてしまう性的被害者でしたと表現したいのだと、好意的に解釈することにする。

 その10年後にレイプされたと、体験告白は続く。

 24歳で強姦されたのだ。「壊れてしまった金の腕時計」とあるから、かなりの暴行を受けたのだろう。しかし腕時計が壊れる暴力ってのも、ピンとこないのである。肉体的な外傷の描写はなく、金の腕時計が壊れたのだ。

 金の腕時計とは何なのだろうか?

 純金製の腕時計をしてたのなら、彼女はお金持ちである。私はスマホで時間を見るので、時計はしないし買う金もない。そんな私だから、ここで金の腕時計が何を表現したいのか、よくわからんのだ。

 金時計は何かのメタファーなのだろうか?

 メタファーというのなら、そもそもレイプ現場に金の腕時計がなくても、私小説的には構わないのである。それが嘘であってもいい。

 しかしコレはレイプ告発の文章なのである。

 嘘があってはならないし、メタファーは必要ない。レイプされた当時、金の腕時計をしてなければならないのである。そうでなければ彼女は嘘をついてることになり、レイプ告発の文章としては、ありえないのだ。

 気になるレイプ告発描写はさらに続く。

 「すぐそこにあるホテルの部屋のドアが、はるか遠くにあるかのように見えていた」とあるので、腕時計を破壊するほど暴力的だった男から逃走できなかったと想像できる。すぐそばのドアまでたどり着けば、ホテルの従業員の助けを呼ぶこともできたのに……って、レイプ現場とされるのは、ホテルなのかよ!

 なんでレイプ被害者がホテルにいるんだよ!

 (続く)

 

 

アスペルガー研究のはじまり

 職場にアスペルガーの男がいる。ADHDの合併症で、年齢は33歳。実家住まいで欅坂46にハマっている。童貞の正社員だ。

 病院には通わず、ストラテラコンサータは服用していない。雇用主からは通院をすすめられているが、行く気配がない。自分はアスペルガーではないと思い込んでるか、あるいはアスペと認めたくながっているように見える。

 当然だ。

 アスペルガーは分類でいうと発達障害だ。発達「障害」の障害の部分が、とてつもなく恐いのはよくわかる。自分が障害者で、乙武洋匡とじジャンルの人間だと思うのは嫌なものだろう。

 遺伝するかもしれないのも深刻だ。

 ある夫婦がいた。旦那がアスペルガーで、夫婦関係は破綻。産まれた子供もアスペでさらに夫婦関係は悪化。別居婚することになった。

 アスペが原因で妻が鬱になり、メンヘラと化すのはカサンドラ症候群という。名づけられるほど、よくあることなのだ。アスペが原因で離婚する夫婦は山ほどいる。

 そんなのって怖すぎるから、自分をアスペルガーと認めたくないのは、よくわかるのだ。

 しかし彼はアスペそのものなのである。

 空気が読めないので、ほとんど全ての従業員から嫌われている。タイムスケジュールが切れないので、時間内に作業が終わらない。すぐにパニックを起こし、間違った指示ばかり出す。

 存在してるだけで、迷惑だ。

 職場もほとほと困り果てているのに、彼は病院には行かない。これもADHDに特有の現象の「後回しぐせ」である。ADHDの彼は、病院に行くことを「後回し」にしているのだ。

 彼が病院に行かないので、職場の上司はウンザリしていた。ストラテラコンサータといった薬で、アスペ症状は改善するらしい。また職場の人たちも、彼とどう接するのがベストかわからない。

 打つ手がないまま、膠着状態に陥っていた。

 そこで私は考えた。

 アスペマンが病院に行かないのなら、通院以外にできることを全てやればいい。医者のアドバイスを受けれないなら、ネットや書籍で調べてアスペ対処法を共有すればいい。

 幸い、アスペルガーは研究対象として興味深く、ライター魂がうずいてしまう。調べたことを職場の人間どうしで共有しあえば、職場はよくなる。アスペの彼にとっても、プラスになるはずだ。

 そう思った私は「親切心」でアスペルガー研究を開始した。すると今まで遭遇してきた奇妙な人物たちが、アスペルガーADHDだとようやく気づいた。そして同時に出版界で起きたいろんな出来事の原因が、発達障害であることにも気づいたのである。

 さらに私はここ数年は政治運動業界を興味深く観察してきた。

 そこでは発達障害や、メンヘラが大きな影響を与えてることにも、気づいてしまったのである。てゆうか、発達障害とメンヘラしかいないといってもいいほどなのだ。

 これらの研究成果を、おいおいこのブログで発表してゆきたい。

 ちなみに職場のアスペマンの名前は、田沼たけし。もちろん仮名だ。彼のキャラクターを紹介しつつ、平成不況・出版界・発達障害双極性障害・日本リベラル……などについて掘り下げてゆきたい。

アスペルガー研究のはじまり

 職場にアスペルガーの男がいた。

 ライター魂がうずき、研究することになった。

 お久しぶりっこ。

すすむ町山智弘ばなれ(3)

 

 

 松江哲明と町山智弘のことしかブログを書いておらず、どんだけ彼らが好きなんだって話なんだが、興味深い観察対象なんでついついウォッチしてしまう。

 過去に町山を好きだった読者たちの町山離れしつつあるが、それはおそらく40代以上の中年男性ではなかろうか。むしろ最近は新規の読者を開拓が進んでいて、読者層が入れ替わっているのだろう。

 我々にとって現在の町山は「サブカル老害おじさん」だが、新規の町山読者にとっては「インテリ映画おじさん」だ。映画評論そのものはマトモなので、頼もしい書き手に見えてしまう。

 ……で、町山がネットで課金して原稿だの音声だのを販売してるが、今やそっちの方が収入は多いのではないか。月額100万円はいってないだろうが、50~60万円にはなってるのではないかと勝手に妄想するのである。

 映画コラムを書いても数万円。

 単行本を出しても印税は200万円くらいだろうか。

 そんな中で月額数十万円の売り上げを誇り、しかも右肩あがりだった場合、そちらに比重を移したくなるのは書き手の心理だ。月額数十万なら年収は数百万になる。単行本一冊の稼ぎよりもはるかに多い。しかも楽だし。

 そしてネット販売に食いついてる層は、昔からいる40代の中年男性ではない。新規の読者たちなのである。

 我々のように、町山批判はするが金払いは悪い読者。町山本は買うもののネット販売には食いつかず、印税率10%どまりでしかない昔からの読者は、商売相手としては美味しくないのである。

 ついつい切り捨てたくなってしまうのではないだろうか。

 新規の読者は過去の町山を知らないから、過去と現在では論理矛盾を起こしていることに気づかない。映画好きだが政治にはウトいので、町山から反日パヨク思想を吹き込まれたらうっかり信じ込んでしまう。

 映画評論がマトモだから、政治についての言及もマトモだと無意識に思い込んでしまうのだ。実際にはいい加減なところも多々あるのだが。 

  お笑いは政治的なことをどんどん発信すべきと町山は主張するが、トランプの悪口を文章とイラストで表現してるだけの文春の町山原稿に、ひねりもツッコミも笑いもないのが現状だ。ひたすら発狂してるだけなのである。

 文春の町山原稿がひどすぎるので、もはや私は読まないことにした。

 世界同時渋谷化という概念があったが、世界の各地で起きることは日本とも連動している。トランプ現象に似たものは、日本でも起きているのだ。だからトランプ現象にからめ、現在の日本について言及するのはむしろ正しい。

 ただ米国の現象について解説した直後に唐突に反日な文章が挿入され、困惑することが増えてしまった。それと日本とはあまり関係がないのでは? ということまで、町山原稿では連結されてしまうのである。

 反日パヨク原稿が悪いとは私は思わない。

 私は朝鮮日報をネットでよく読むが、韓国そのものが反日のお国柄なので、原稿のあいまに反日が挿入されるのはよくあることなのである。だが読んでてスムースに反日が挿入されるので、不快感がない。

 反日はどうかと思うけど、とりあえず韓国側の言い分はよくわかった……と、スッキリした読後感が残るだけなのである。

 そして町山智弘原稿と朝鮮日報は文章の構成がよく似ている。

 似ちゃうのは、もうしようがない。

 ……てゆうか、同じモノだよね。

 いろんな意味で同じだよね。

 だけど朝鮮日報は読んでて不愉快にならないのに、文春町山原稿は不愉快になってしまう。反日の挿入のされ方が唐突だからだ。文章スキルとて、朝鮮日報よりも文春町山原稿の方が低いのである。反日そのものは慣れてしまったので、今さら不愉快と感じる私ではない。

 最近の町山智弘に異常事態を感じ取ってる中年読者は多いはずだ。

 反日むきだし、パヨク性むきだし、言質さえとられない範囲内であれば可能な限り最大限の印象操作を平気でやる。書き手としてのバランス感覚を失ってまで。

 こんなやり方に中年男性読者がどれほど落胆と失望をさせられているか、彼はわかっているのだろうか? わからないわきゃないのだろうが、今の彼にとってはどうでもいいことのようだ。

 反日やりたいのなら、いっそ反日本だけで一冊だしてくれないだろうか?

 その方が読んでる私はスッキリするのである。なるほど最近の町山は、そんなふうに反日化が進んだのか。スジが通っていると、賛成はしないが納得するだろう。

 米国事情をくわしく知りたいと文春町山原稿を読んでいたら、直接的な関係のない反日が唐突に挿入されて読みづらくイライラするのだ。

 もう町山に対して金を払うことは基本的にしないし、書籍は全てブックオフで買うことにした。中年読者としての、精いっぱいの抗議である。

松江哲明炎上は古くて新しい

 松江哲明の最悪の人格に、世のサブカル好きの興味関心が集中している昨今。久々の大事件でオッサン心がうずいてしまうが、最悪の人間性を娯楽として楽しむ文化が、サブカル界にはそもそも存在した。それが根本敬の「内田研究」である。

 内田という男がお婆ちゃんに粘着。徹底的にわがままで貢がせながら、しかしセックスで大満足させてしまう。金をひたすらむしられながらも、性欲ゆえに別れることができない、お婆ちゃんの「トリコ仕掛けの日々」がひたすら描かれるのだ。

 昭和に起きた出来事で、これが最悪の人格を見物して楽しむ娯楽の始まりである。

 最悪の人格を研究する娯楽は、それ以降は途絶えた。正確には唐沢俊一上杉隆、日垣なんとかが研究対象になったと解釈できるが、まー誰かさんがかかわったものばかりだよなあ。

 ちなみに誰かさんは根本敬を尊敬していることを公言してはばからないが、最近の反日ぶりからすると、ディープコリアについては腸が煮えくり返っているのではあるまいか? どう思ってるのかずっと気になっていたのだが、現状から忖度した結果そう思う次第である。

 話はそれたが、根本敬の内田研究は研究してるだけで批判はゼロだったのである。見物して、娯楽として楽しんでるだけだった。

 今はサブカル界の皆さんは松江哲明の最悪の人間性を研究する楽しみに浸っていると察するが(私がそうだし)、バッシングする娯楽がプラスされるのではないかなあという気もしてる。フェラするだけで円満解決するのだから、ハードルは高くはないが……。なんだか、懐かしい現象だと思うわけだ。

 松江哲明の最悪の人格を楽しむのは根本敬の内田研究がルーツ。そして加賀健三が松江に復讐するのを楽しみにするのも、サブカルの古くて新しい楽しみだ。宅八郎の復讐山脈が原点で、違法行為以外の全てを行う宅の手法に興奮したものだ。SPA!誌上で「小林よしのりを殺す!」と宅は宣言した。

 この段階から最悪の人格は見物して楽しむだけではなく、攻撃して楽しむ段階に突入したのである。

 宅の殺す発言は大問題になったが、当時の私は理解できなかった。実際に殺すわけないと思っていたからだ。後に宅八郎も冗談前に決まってるのに……と愚痴っていた。当時の私と宅の感覚では、セーフだったのだ。

 今の感覚では犯行予告なんで完全アウトなんだけども。

 当時の感覚ではセーフだが、今の感覚ではアウトというのは、よくあることだ。松江哲明の性行為強要も、当時の感覚としてはセーフであった。でも今はアウトである。

 当時のサブカル好きは宅八郎の復讐に興奮しながら賛同し、さらなる過激化を期待した。そして、やりすぎな彼に徐々にひいてゆき、興味を失った。

 最初は面白かったから良い暴力だったのに、最後はつまんなくなったから悪い暴力に化けてしまったのである。これも松江哲明のフェラ強要という暴力への印象変化と似ている

 宅八郎の復讐に興奮した我々だから、加賀健三が松江哲明に復讐するのを期待するのは当然のこと。皆さん期待してるでしょ?

 過去に根本敬宅八郎によって起きたことが、現在も起きている。因果は廻っているわけだ。スパイラル状に。まさに根本敬の因果鉄道の夜なんだが……。

 そういった意味で、古くて新しい事件。そして懐かしい。

 こんな懐かしい事件が起きたのだから、サブカルおじさんは熱狂するしかないわけだが。中年が大喜びする加齢臭が漂う現状なのはいかがなものかと。水道橋博士や町山を老害あつかいしながら、自分たちはオッサンまるだしでは自己矛盾であり恥ずかしい。