作品を読まずに芥川賞と直木賞を予想する

 芥川賞直木賞の候補作品とゆうか、候補作家が決まった。

 ……で、候補作品を読みもせず、グーグル検索しただけで、誰が受賞するか予想したい(笑)。まずは芥川賞から。

 

 本命・古川真人

 次点・温又柔

 番狂わせ・該当作なし

 

 候補作品を読んでないけど、出版キャリアで判断すると古川真人さんかなーと(笑)。近年のウヨった世相を反映しつつ、作家のキャラを重視した場合は温又さんかなあと思いました。私は古川真人に賭けます。

 要約すると、出版キャリア(古川真人)vsキャラ(温又柔)の対決ではないかと。

 では、直木賞の予想。

 

 大本命・柚木麻子

 次点・古川昌輝

 番狂わせ・宮内

 

 この予想は難しい。

 というのも柚木さんと古川さんは、同じグループなのだ。どちらが直木賞を獲っても良いのである。ならば……ここは空気を読んで柚木麻子だと思いました。

 要約すると、空気(柚木麻子)vs時代小説(木下昌輝)の対決ではないかと。

 なんかもうオブラートにくるんだ表現しかできないのがアレなんだが(笑)。芥川賞直木賞の両方が、選考委員が苦悩し迷う状況をつくられている。どちらが獲ってもおかしくないので、あとは運で決まるよな。

 またトップ2に入れる作家と、そうでない作家とで、埋めようのない溝があるのだなあ……と思ったりもする。

 出版業界、地獄ですね!