読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしじまいい肉がオエスクを誘う(2)

 うしじまいい肉が藤沢和希に、暴露ネタを求めて接近したわけではない……という前提にたった上で論を掘り下げる。

 藤沢和希が自宅前までついてきて、ドア前で押し問答があったとうしじまいい肉が暴露してたが、エロ下着のプロデューサーでしこたま儲け、AVメーカーで広報やって30歳も過ぎた女性がそれでビビるとしたら、マヌケというほかない。

 どう考えても、したたかで強欲な人物なのに、こうゆう時だけウブな世間知らずに偽装するのはバカげてるとしか私には思えないのだ。

 そもそも藤沢が口説いてくるのはわかってることだし、最初からデートすべきじゃない。藤沢は高額デートしそうだし、奢りもするだろうから、強欲女らしく高い食事をタカリたいのなら終電で帰宅すればいいことだ。終電逃すたようなマヌケなことすんなよ。

 もし終電を逃したのなら、藤沢和希にタクシー代を支払わせればいい。彼には見栄もあることだし、「お釣りはいらないからね」と1万円札くらいは差し出すだろう。藤沢にそんな気配がなくても出させるようにしむけるのが、したたか女のテクニックじゃないのかね。

 これがウブな世間知らず女性ならば、私も反応が違ってくる。まず自宅住所がバレるようなことすべきじゃないし、今後は気をつけようねと優しい気分になるだろう。

 しかし、うしじまいい肉の場合、エロ下着で儲けてAVメーカーの広報までやってたタイプですからね。乳首さえ出さなければ、顔出しセミヌードも平気だし。

 そんなタイプの女性にしちゃ、藤沢和希とのデートの動きは、あまりにもマヌケすぎでしょう。何をカマトトぶってやがるのかと、呆れたものだ。当たり前だが、自宅住所がバレないように終電で帰るべきだし、終電が無いならタクシー代をタカるべき。

 エロ汚れした女性でしたたかタイプなんだから、それくらいの打算的な動きはやってしかるべきだ。そりゃ一般女性はうしじまほどには性格が悪くはないから、「自宅についてこられてドア前で押し問答。こわいですね」と、つい共感してしまうだろう。

 しかし、それはあくまで一般女性の場合。

 うしじまに対してその種の共感をいだくのは間違っている。「打算したたか女子なのに、都合よく急にバカになる瞬間があるのですね」と、ズバリ本質を突いてあげるべき。

 最終的に何を言いたいかというと、うしじまいい肉に本当に恋愛感情を抱いてる場合でない限り、そもそもデートすべきじゃないということだ。

 暴露ネタを求めて接近してくるタイプなのは既にわかってることだし、あえてネタを提供してやる必要もあるまい。彼女よりも美人でエッチな女性は大勢いて、しかもやらせてくれる女性だって大勢いる。そのコたちを狙うべきだ。

 「貴様なんかに興味はないね」

 ……なんて感じで毅然とした態度をとるほうが、カッコいいんじゃないかと思ったりする。藤沢和希がそうしなかったのは、私としてはがっかりだった。