読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近の私

 ブログ日記を書いててぶっちぎりのアクセスがあったのは、うしじまいい肉。1日3千アクセスを超え、私の中では最高アクセスだった。次が性の悦びおじさんで、1日300アクセス。最低だったのが桝野幸一で1日20アクセス。

 態度が偉そうで最高に感じ悪いくせして、全く数字を持ってない桝野幸一、勘弁して欲しい。性の悦びおじさんの1/10しかアクセスがないのかよ貴様は。

 私は肩書的にはライターを名乗ってはいるが、なかなか厳しい現状でもある。ブログを書いたところで、それが仕事につながるかといえば、そうではない。とはいえ、頭に思い浮かんだことはブログにでも書かないと落ち着かない。

 宿便を排泄しないと、スッキリしない感じに似ている。

 貴様は我々に宿便を読ませているのかと怒られそうだが、実際にそうだしなあ(笑)。ブログという形で書き捨てておくと、空っぽになった頭の中に別のアイディアがわいてくる。それをひたすらにくりかえすのが、書き手のコツだ。

 ただ可能な範囲内で面白いブログにしようとしたり、読みやすくしようと努力してるので、お許しいただければ幸いである。

 自分で言うのもナンだが、私は売れてるライターではない。周囲もそんな調子だ。仕事をふってくれてた編集者も、リストラされるなどしてクライアントではなくなったりする。

 追い込まれた状況でブログを始めることにした。

 いや、ブログなんかやってる場合じゃないとは、私も考えたりするのだ。しかし仕事がないライター友達で、ブログすら書いてない人物も普通にいたりするので、それもどうかなあと思ったりもするわけだ。

 本人にはブログをすすめているのに、書こうともしない。

 なんで書かないのか尋ねてみると、どうもノーギャラなのが嫌ならしい。気持ちはわかる。ライターを自称してるのに仕事がなく、ノーギャラでブログを書くのはみじめである。格が下がったような気もするし。忙しいライターであればブログを書く暇もないはずだ。

 とはいえ、売れてないライターなのに、ブログすら書かないというのは、それはそれでマズいと思ったりもするわけだ。

 原稿依頼が無いから文章を書かないというのでは、世の中に何も発信していないことになる。何の影響も与えないライターってマズいでしょ。このブログが何か影響を与えてるかといえば、そんなことはない。

 しかし、まあ、何がしかを発信してはいるのである。

 書きたいことがあるからライターやってるわけで、金にならなくても書きたいものは書きたい。そうしてないとイライラしたり、鬱になったりするので、そうなるくらいならブログに書いてしまった方がいい。

 それに書き捨てブログとはいえ、キーボードを叩いていると、頭の中が整理されるし、自分の文章のリズムを思い出したりもする。調子出てくるわけだよね。

 プロ野球選手のバットの素振りだって、ノーギャラでやってるわけじゃん。

 それと同じだよと言うと、カッコつけすぎだろうか?

 売れてないのにブログを書かない知人を見てると、もしかしてコイツは書きたいこともないのにライターになってしまった男なのかなあ……と思ったりもするわけだ。

 書きたい欲がそもそも薄い人物に仕事が来ないのは、むしろ当然なのかもしれん。もしかしたら彼にはライター適正そのものが、無かったのかも。

 売れないライターやクリエイターは、ブログに愚痴や不平不満が増えるそうな。売れてる人のブログにはそんなものは無いらしい。

 指摘の通りだとは思うが、悩んだりネガティブだったりするのが人間本来の姿のはず、それらが日記やブログの中にまるで出てこないというのは嘘ではないか? 真実ではないのではないか? そんなもん書いてどうする?

 それは広告なだけで、コンテンツではない。

 いや、仕事欲しくて書いてるのだから、このブログは広告だ。

 とはいえなあ、ネガティブなものの全くない、嘘くさいブログにはしたくねえんだよなあ。誰も読んでないノーギャラ原稿であればこそ、自分の本当の気持ちを書き残しておきたくなったりもするし。