読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミュ障のオッサンなりに色々と考えた

現代批評 インターネット

 コミュ障のオッサンなりに色々と考えた。

 2002年くらいの段階で、自分はブログをやっていた。当時は日記サイトと呼ばれていた。さるさる日記とかあったよな。それのアクセスは1日に100くらい。

 それを見た人から仕事がちらほら来ていた。

 それからつながって、今もおつきあいさせてもらってる編集部や出版社がある。

 その成功体験よ再び……と甘い期待をしながらブログを始めたら、いきなり生ハムと焼きうどんに言及するとアクセス432。エロ下着プロデューサー効果でアクセス3139。

 15年前では考えられないくらい、大量に読んでもらっている。

 しかし、仕事につながる気配はゼロ。

 手ごたえみたいなもんがない。

 なんでかなあ……と、つらつらと考えてみるにだな、そりゃ2002年の段階よりはネットユーザーが増えたろうし、増えた人たちともつながりやすくなっている。だけどそれは仕事をもらえるような「つながり」ではないのだ。

 仕事に「つながって」はいないわけである。

 私に仕事をくれるような、マスコミ業界人と「つながる」ためには、おそらくこのブログが10万人の人々に毎日読まれるようにならなければならない。

 10万人って、なんだそりゃ?

 実感のわかない数字である。

 100年たっても無理そうな、しかし運さえあれば今日にでも可能そうな数字だ。

 なんだかボンヤリしてんなあ……。こんなボンヤリした調子だから、駄目なオッサンなんだろうけどな。とはいえ、自分がどう変化すればいいのか、さっぱりわからん。ネットブランクが長すぎると、こうゆうことになってしまうのかね。

 自分がオッサンになって気づいた。

 自分と同世代の周囲のオッサンたちが、コミュニケーション障害ばっかりなのである。本人はケロリとしてるが、周囲に面倒くさい思いをさせているのだ。ふと我に返ったら、自分がそんなオッサンの1人になっていた。

 竜宮城から帰還したら、お爺ちゃんになっていた。

 妖精さんと遊んでいたら、住んでた村がなくなっていた。

 なんだか、そんな気分である。

 どうにも世間からズレてしまった自分を感じてしまうが、それでも少しずつ自分を世間にあわせてくしかないよな。

 こんなどんくさいオッサンだったっけかなあ……と、首をかしげながらも、生きてくしかないのである。一応はライターなんだし。