読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

惨劇の巨人

マンガ

 「絶望を描いて欲しい」と檄をとばされて執筆し、メガヒットした進撃の巨人。妻の性格のキツさに絶望し、惨劇の巨人になるとは、本人は想像もしてなかったろうな。ブラックジョークはこの程度にして、映画の進撃の巨人について言及したい。冒頭30分で既に絶望感がこみあげてしまう。

 

 巨人の造形がチープすぎるうえに、ハンジ(?)役の女性が大根すぎ。他の役者の演技もヘタクソすぎて、「大失敗の映画化やがな…」と観客をがっかりさせてしまう。絶望感を描くどころか、観客を絶望に叩き落としてどうすると問い詰めたい。

 

 進撃の巨人ではなく、珍劇の巨人やがな!